「ゴロツキはいつも食卓を襲う」先月発売された、福田里香先生の新刊「ゴロツキはいつも食卓を襲う」が大変面白かったので、ご紹介させていただきます。

福田先生はお菓子研究家としてだけでなく、漫画好きとしても著名。

特に最近は、漫画やアニメ、映画などフィクションに登場する食べ物(ステレオタイプフード)を考察した「フード理論」を提唱されていますが、その集大成といえるのがこちらの本。

目次から、「うわー、あるあるある!!」と叫びたくなるタイトルが並びます。

・鼻持ちならない金持ちの子供は、食い意地がはっていて太っている
・絶世の美女は、何も食べない
・カーチェイスで、はね飛ばされるのは、いつも果物屋


具体的にどの作品かは思い出せないのに、誰もの記憶の片隅をくすぐるあのシーンについて、徹底的に考察&分析した労作。
世界各地の神話に共通点があるように、食べ物にまつわるイメージにも集合的無意識っぽいものがあるのかも……と、思ってしまう説得力です。
そんなステレオタイプフードの場面場面を、オノ・ナツメ先生が表現するイラストでも味わえるのがこれまた贅沢!

ちなみに私が最近、これもステレオタイプフードだな…と思ったのは、海外ドラマや映画で、ディナー(それも、彼女の家に彼氏が招かれて食事をする、的なシチュエーション)で気まずい雰囲気になったときに、場を和ませようと家族の誰かが
「マッシュポテトのおかわりはいかが?」
と言うシーン。日本が舞台だと、マッシュポテトの部分が「ご飯」だったり「ビール」だったりするのでしょうか。
これまでの人生で2~3回は見たことがある気がするんですが……(でもやっぱりこれも、具体的にどの作品かは思い出せないんだなー)。

などと、フィクション作品を楽しむ目線が、ちょっと変わってしまいそうな楽しさもあります。

福田先生といえば、「まんがキッチン」も大好きです。
漫画に出てくるお菓子をそのまま再現するのではなく、先生ならではの作品解釈からオリジナルのお菓子が次々と生み出される一冊。お菓子研究家ならではのクリエイティブ+漫画愛があふれていて、ページを開くごとにどんなメニューが登場するのかワクワクします。

特に川原泉作品でおなじみの、何か食べてる時のオノマトペ「もぎゅもぎゅ」をイメージしたお菓子が衝撃的で、思わず作ってしまったことも。
mogyu2.jpg
↑数年前に作った時の写真でお恥ずかしいですが…。そして食感は、たしかにあの「もぎゅもぎゅ」で感動したのでした。
どちらも漫画&料理ファンにはたまらない一冊ですので、ぜひ!

4778313135ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50
福田里香 オノ・ナツメ
太田出版 2012-04-12

by G-Tools

4757213107まんがキッチン
福田 里香
アスペクト 2007-03-22

by G-Tools

このエントリーをはてなブックマークに追加