「すみれファンファーレ」弁当

読んだ瞬間から心をグワシと掴まれてしまったマンガ。IKKIで連載中の松島直子先生「すみれファンファーレ」に登場するコンテスト用のお弁当を作ってみました。

離婚した母親と二人暮らしの小学四年生、すみれちゃんはドラマ「相棒刑事」とハリポタが大好きな女の子。小説家になるのが夢で、そのせいか子どもらしい純粋さとともにちょっと大人びた感性も持っていて、そこがたまらなくかわいい。
IKKIのサイトで1話の試し読みができますが、冒頭の作文のみずみずしさからキュンとしてしまう。

「すみれファンファーレ」(松島直子/小学館)1巻より
※【コマ引用】「すみれファンファーレ」(松島直子/小学館)1巻より
お母さんはイタリア料理店のシェフで、作中にはおいしそうな料理が何品も登場しますが、今回はすみれちゃん自身が料理に挑戦するエピソード。
「料理人」という仕事に興味を持ち、内緒でガス団体主催の弁当コンテストに参加することになったすみれちゃん。家庭教師の片桐青年にも協力してもらい、母親の大好物をもとに献立を考えます。

「すみれファンファーレ」(松島直子/小学館)1巻より
※【コマ引用】「すみれファンファーレ」(松島直子/小学館)1巻より
そこでできあがったのが、
・ハーブ香る〆鯖風フライ(2種類のソースつき)
・あな玉オムレツ
・かんたんピクルス
・究きょくのふっくらごはん

の献立。母親の好物をもとに、予算や手間の点も考えて組み立てられたお弁当。
献立を決めるまで試行錯誤する丁寧な描写が、またよいのです。

しかし料理デビューが遅かった自分からすると、ここまで凝った献立作れるすみれちゃんってすごいなー、と思ってしまったのですが、最近のリアルこども料理コンテストもおそろしくハイレベルなことになってるんですな。一生勝てる気がしません。アンファンテリブル……!

さて、一品ずつ作ってみます。
ピクルス
かんたんピクルス:
今回はプチトマト、ニンジン、きゅうり、かぶ、カラーピーマン、玉ねぎで作ってみます。
野菜は適当に切る(プチトマトはおしりに十字切り込み入れておく)。
小鍋に酢、砂糖、塩、鷹の爪、ローリエを入れて沸騰させ、野菜を入れた耐熱容器の上に注ぐ。2~3時間ほど漬けこんだら完成。

オーブンで焼く
あな玉オムレツ:
「うな玉」ならぬ、あなごを使った卵料理。彩りをよくするため、家庭菜園のシソも入れるというこだわり。
ボウルに卵4個、砂糖、酒、しょうゆを混ぜ、刻んだあなごとシソを入れてよく混ぜる。
オーブン対応のミニフライパンに流しいれ、180度で30~40分焼く(焦げそうになったら途中で上にアルミホイルをかぶせる)。

焼き上がり あなごオムレツ
焼き上がりはこんな感じ。シソが上に浮いちゃって、あなごと二層に分かれちゃったのはちょっと誤算。

サバ
ハーブ香る〆鯖風フライ:
メインディッシュは、お母さんの好物・〆鯖をイメージしたメニュー。〆鯖は高いので、鯖フライに別添えの酸っぱいソースをつけて食べる、というもの。
鯖(3枚おろしのはずが、間違えて2枚おろしのを買っちゃったので、骨抜きの手間がかかってしまった…)は一口大に切り分け、塩コショウをして小麦粉を薄くはたいておく。

ハーブパン粉
刻んだハーブ(今回はバジル、タイム、ディル)とパン粉をあわせておく。

サバ2 サバ3
溶き卵→ハーブ入りパン粉、の順で鯖に衣をつけて揚げる。

ソース1 ソース2
「酸っぱいソース」は詳しい説明がないので迷ったけど、①王道のタルタルソース ②上で作ったピクルスを刻んで酢&しょうゆであえたソース で作ってみた。

土鍋でご飯 おこげ
究きょくのふっくらごはん:
土鍋で炊くおいしいごはん。作中のとあるトラブルで出来ちゃった「おこげ」を再現するため、火は調整を。
まんまるにまとめて塩むすびにします。

どうしてもすみれちゃんが使ってる竹のお弁当箱がほしくて、取り寄せてしまった……。もうわが家の台所の収納空きスペースはゼロよ!
「すみれファンファーレ」弁当

お弁当の再現って、やっぱりプラモデルっぽくて楽しい。

「すみれファンファーレ」弁当
食べた感想:
魚に卵、野菜と献立のバランスも見た目の彩りもステキなお弁当。
あな玉オムレツはしっかりしたスペインオムレツ風で、甘辛い味付けとシソの香りがなかなかいい感じ。こういう卵焼きもたまには面白いかも。

〆鯖風フライは、パン粉にハーブをたくさん入れたせいか、鯖の生臭さがまったく気にならず。「〆鯖風」かは微妙ですが、単品でもお気に入りになりそうなメニュー。

家人にも持たせたら、いつもの弁当よりも絶賛されました(当たり前か)。すみれちゃん、おそるべし!


このエントリーをはてなブックマークに追加