P1060644.jpg

koma_20110709101546.gif
※【コマ引用】「おかめ日和」(入江喜和/講談社)3巻より
「おかめ日和」から、夏らしい献立を再現してみました。
・うな玉どんぶり
・ゴーヤとツナのサラダ
・オクラと納豆のとろろあえ
の3品です。

夏らしさだけでなく、なんか妙にスタミナ感のあるメニューですが、やすこさんの「夫婦円満計画」にちなんだエピソードゆえ。このへんのリアルな夫婦関係の描写は、長年の連れ合いがいる人は色々と共感できる……かも?

P1200296.jpg
うな玉どんぶり:
※作り方はてきとう……結構前に作ったのでうろ覚えですみません
卵2個はほぐして、砂糖・塩・酒少々で味付け。

P1200298.jpg P1200300.jpg
うなぎは一口大にカットして、酒と水で薄めためんつゆでさっと煮る。卵を流し入れ、半熟に仕上げる。
丼にご飯をよそい、三つ葉を飾って完成。

500.jpg
「う巻き」があるくらいだから、卵とうなぎの相性はお墨付きですが、丼にしてもやっぱり美味しい。卵もうなぎも甘辛くふわふわになっていて食べやすいです。卵で量をかさ増しできるので、3~4人分ならうなぎ1パックで十分なのも経済的。

P1200288.jpg
ゴーヤとツナのサラダ:
これは巻末にレシピが載ってたもので、何度も作ってすっかりお気に入り。

ゴーヤは縦半分に切って、白いワタの部分をスプーンでかき出します。
「計量スプーンでやるとやりやすい」そうで、試してみたら確かに普通のスプーンよりもスムーズだ。

P1200291.jpg
P1200292.jpg
3mm程度にゴーヤをスライスし、塩を入れた湯で軽く茹で、冷水にさらして水気をしぼる。
ボウルにツナ(油は切る)、ゴーヤ、マヨネーズ、塩コショウを混ぜ合わせて完成。お好みでレモンを絞ってもOKのよう。

P1060625.jpg
ゴーヤの苦さがツナとマヨネーズで緩和されるので、ゴーヤが苦手な人にもおすすめ。サラダとしてはもちろん、醤油を少したらすとご飯にも合います。和洋中どの献立にも合わせやすいので、夏に重宝するメニューです。

P1200295.jpg
オクラと納豆のとろろあえ:
最後は名前のとおりの一品。刻んだオクラと納豆をあえ、長芋をすりおろしてかけます。
納豆はもちろん「おかめ」ブランドで!

P1060629.jpg
醤油をかけていただきます。ネバネバしたものは、とろろがあるとツルっといけますよね。

koma2_20110709101546.gif
※【コマ引用】「おかめ日和」(入江喜和/講談社)3巻より
入江先生は料理もさることながら、子ども(あとお年寄りも!)の描写が素晴らしいのです。
3巻は特に、末っ子のちーちゃんと先生が二人っきりで留守番する回が、かわいすぎて悶絶しました。

子どもが可愛い漫画はたくさんあるけど、「新生児と1歳児」「小学校1年生と2年生」の微妙な差を描き分けできる作家さんは希有だと思う。身近にお子さんがいる方は、特に悶絶できるはず。