深夜食堂 だし

「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)6巻より
※【コマ引用】「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)6巻より
暑い日が続いています。「深夜食堂」6巻に登場する、山形の郷土料理「だし」を作ってみました。

作中では、秋の「新米」のエピソードに登場しましたが、本来は夏の食べ物。コメント欄でも、山形出身の方から「食べるなら、ぜひ夏に」とオススメいただいたので、じっと耐え、ここ数日の猛暑でようやく解禁です。
材料
作り方:
だしの作り方は家庭によって異なるようですが、「深夜食堂」の説明では、ナス、キュウリ、みょうが、ねぎ、しそ、オクラ、昆布を使うようです。

ちなみに昆布は、ねばりのあるものを使う場合が多いよう。今回はがごめ昆布を使ってみました。

まぜる
全部の材料を細かく刻んで容器に入れ、しょうゆを適当に回しかけてよく混ぜて完成。味を馴染ませたほうがいいかしらと思い、冷蔵庫で1時間ほど寝かせました。

がごめ昆布のおかげで、かなり粘りが出ています。入れなくてもいいらしいので、お好みで。
だし

炊きたてご飯にのっけていただきます。
深夜食堂 だし
食べた感想:
香味野菜がたっぷり入っていて、香りさわやか。昆布のねばりが刻み野菜とからんで、ツルツル&シャキシャキした食感もうまし。
炊きたてのご飯って、夏場はあまり食欲が沸かないものですが、これならいくらでも進みますね。冷奴やそうめん、オリーブオイルとあえて冷製パスタなんかにしても合いそう。

意外なことに、山形も夏はかなりの暑さになるようですが、そんな北国の猛暑を乗り切る知恵をかいま見たような気がします。今度は作中どおり、お米のおいしい季節に再チャレンジしてみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加