コンビーフオニオントースト

「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より
※【コマ引用】週刊モーニング2011年第30号「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より
今週のモーニング掲載の「きのう何食べた」は、ひさびさにケンジ料理の回。落ち込み気味(?)のシロさんを励ますために、朝からコンビニに材料を買いに走って作った、愛ある朝食。
・コンビーフオニオントースト
・キャベツのウスターソースいため
・バナナヨーグルト
・ケンジ・オレ


簡単そうなので、週末の朝にさっそく作ってみました。
コンミート
作り方:
(※詳しい分量は本誌をご確認ください)
コンビーフの代表的メーカーノザキには、牛肉100%の「コンビーフ」と、馬肉がブレンドされた「ニューコンミート」がありますが、作中のコマをよく見ると、使われてるのは後者っぽい。
コンミートの方が安いし、味もそんなに変わらないし、家計に厳しいシロさん家では当然の選択か。

関係ないけど、コンビーフの缶を開けるときって、いつも妙に緊張する……もし金属部分が途中でプツッと切れたら、取り返しのつかなさに絶望しそう。
玉ネギ あえる
薄切りした玉ねぎに塩をふり、しんなりしたら洗って水気をしぼる。コンビーフとマヨネーズ、コショウを混ぜる(コンビーフがよくほぐれるように)。

キャベツ ウスターソース炒め
付け合わせのキャベツは、ウスターソースでざっと炒める。

のせる
食パンにバターかマーガリンを塗って、コンビーフをのせ、トースターで焼く。

コンビーフオニオントースト
コンビーフオニオントースト&キャベツのウスターソースいため:
一口食べて「ウマ!」と思わず口にでるうまさ。トーストして火を通すことで、玉ねぎは甘みが増すし、コンビーフとマヨネーズはコクが出るからかな。明日の朝もこれ作ろう……と、心に誓ってしまった。(残ったコンビーフと玉ねぎのマヨあえは、ご飯のおかずにしてもいけました)

付け合わせの、ソースだけのシンプルなキャベツ炒めも美味しい。
「孤独のグルメ」に「ソースの味って男のコだよな」という名言がありますが、このアバウトな、でもポイントを押さえた味付けは、やっぱり男子的な美味しさだな。あ、コンビーフも男子っぽい食べ物のひとつかも。

ほかのメニューもご紹介。
バナナヨーグルト
バナナヨーグルト:
スライスしたバナナにレモン汁をまぶし、ヨーグルトとはちみつをかけたもの。お腹の調子がよくなりそうな組み合わせで、なんだか頼もしいデザート。
レモン汁は変色防止だけかと思いきや、食べてみるとしっかり酸味と風味がきいてて、目覚めもよさそう。

ケンジ・オレ

強い子のミロ ミックス
ケンジ・オレ:
ケンジ・オリジナルのカフェオレ、略してケンジ・オレ。
低脂肪乳と豆乳、インスタントコーヒー、そして懐かしの「ミロ」(つおい子の)をミックスし、レンジで温めてよく混ぜるだけ。
シロさんがミロを「30年以上ぶり」と懐かしがってましたが、私もおばーちゃんの家で小さい頃飲んだ以来かもしれない……。
作中に分量は書かれてないのでお好みでよさげですが、今回は
・インスタントコーヒー ティースプーン山盛り2杯
・ミロ 大さじ1杯
・低脂肪乳 100cc弱
・調整豆乳 100cc弱
で作ってみました。

ミロのココアっぽい甘さがほんのりして、後味は豆乳っぽい? 普段はブラック派だし、低脂肪乳も豆乳もほとんど飲まないので、普通のカフェオレとの比較ができないのがもどかしい……orz。でもヘルシーな感じはする。甘いのがお好みの方は、砂糖足してもいいかも。

シロさんが作る合理的な料理と比べると、ケンジの料理って、いい意味で「ざっくり感」がありますよね。健康とか予算とかより、まず「食べたい!!」という欲望に忠実というか。そのへんの描き分けも面白いなあ、とあらためて思ったり。