このもん

ひょんなことから日本最西端の小さな島に移住した、都会育ちの青年書道家・半田。着いたその日から、タクシーが来ない、住民にプライバシーの概念は存在しない……と、田舎カルチャーの洗礼を浴びます。しかも、謎の子ども「なる」に「先生」と呼ばれなつかれ、家に入り浸られることに。

「つまらない」と評された彼の字と頑なな心が、ちょっと変わった島の暮らしのなかで柔らかくほどけていく。笑えるシーンも満載ですが、ゆるりとした時間と人間関係にほっとします。

「ばらかもん」(ヨシノサツキ/スクウェア・エニックス)2巻より
※【コマ引用】「ばらかもん」(ヨシノサツキ/スクウェア・エニックス)2巻より
作者のヨシノ先生が「郷土愛を全力でぶん投げます」と宣言しているとおり、舞台となる長崎県五島列島の方言や文化が、色濃く出ている作品ですが、食べ物もしかり。やたらと夕飯にチャンポンが登場するのも、ご当地ならでは。

特に気になるのが、なるのじいちゃんからお裾分けされた「このもん」。方言で「漬物」の意味らしいですが、私の知っている漬物とは微妙に違うよう。

袋一杯に貰い、「こんな量食べきれるわけない」と思う先生ですが、書道について思いを巡らせつつ摘んでいるうちに、翌日には大量にあった袋の中身がすっかり空に。頭の中は「このもん」一色になります。

普段クールな先生を中毒状態にまでさせる「このもん」、どんな漬物なんだ……と気になったところで、親切なことにレシピページも登場。簡単そうなので、チャレンジしてみました。

大根
作り方:
大根は、今回は1本で作ってみます(レシピの分量からすると、3本くらいいけるかも)。皮をむいて、銀杏切りにします。

大根を干す
大きめのザル(今の季節なら、土用干し用のやつが出回ってますね)に、切った大根を並べていきます。

大根を干す
風通しのいい場所で干します。夏場の晴れた日なら短時間でいけそうですが、梅雨の晴れ間だったので、半日ほどかけました。
大根の水分が飛んで少し縮み、干す前と比べてかさが減ります。
砂糖 漬け汁
干している間に、漬け汁作り。砂糖(大量!! 白砂糖が足りなくて、きび糖を足しました)、酢、薄口醤油を鍋に入れて、砂糖が溶けるまで火にかけ、冷まします。わりとトロっとした感じです。

漬け汁を注ぐ
保存容器に干し大根を入れ、漬け汁を注ぎます。好みで鷹の爪を入れてもOK、とのことなので、加えてみました。

おもし
このまま2日漬け込みます。
砂糖がたくさん入っているので大丈夫かなー、と思いましたが、蒸し暑い時期だったので、念のため冷蔵庫で保存。
大根が浮き上がってきてしまうので、私は重しもしました。

2日漬けた後がこちら。
このもん

大根の水分がさらに抜けて、いかにも漬物っぽい感じになってます。

このもん
食べた感想:
投入する砂糖の量である程度予想していましたが、かなり甘いです。みたらし団子風の甘じょっぱさ。浅漬けとか、ぬか漬けとか、よく知っている漬物とは全然違う味にちょっとびっくり。ご飯のお供というより「お茶請け」の印象です。

そしてこれが、実際クセになるかというと……なるんです。
実は漬けている間にも、味見しようと、ひとつつまみ、ふたつつまみ……を繰り返しているうちに、量がかなり減ってしまったことは内緒。

今回は唐辛子も一緒に漬けましたが、ピリっとした辛さがアクセントになって、さらに止まりません。昆布なんかも合うかなー。

このエントリーをはてなブックマークに追加