半年後
以前ご紹介した「うめぼし」の柿のラム酒漬けですが、半年経って←こんな感じになりました。

酒も柿も見事な褐色に。飲み頃になるまで我慢してた……というのは大嘘で、ほぼ戸棚の中に放置で忘れかけていた、というのが本音です。
そろそろ柿の実は取り出さないといけないらしいのですが、なんか勿体なくて、まだそのままにしています。ジャムかパウンドケーキにしてみようかな。
フタをあけてみた。
すくってみると柿に含まれるペクチンのせいか、果実酒全体がゆるいゼリー状態になってて驚く。
トロっとしてます

まずはロックで。グラスにたくさん氷を入れ、果実酒を適量入れてよく混ぜます(水で薄めなくてOK)。
柿のラム酒漬 うめぼし
かなり甘みが強いですが、ラム酒があまり得意ではない私でも飲みやすいです。何より、フルフルの細かいゼリー状の食感が、ほかにない特徴で楽しい。
普通の果実酒はフルーツの香りを楽しむものが多いですが、柿自体にはあまり香りがないため、これはどちらかというと「甘さ」を楽しむお酒、という印象。「美味しんぼ」に「和菓子は柿の甘さを超えてはならない」というセリフがあったけど、日本人の甘みの原点=柿、なんだなあとしみじみ実感できます。

次はホットで。耐熱グラスに果実酒を適量入れ、お湯を倍量ほど注ぎます。
柿のラム酒漬 ホット
独特の苦みが出るのでちょっと大人向けですが、ラムのいい香りがします。就寝前なんかによさそうだけど、私はロックのほうが好きだな。

「うめぼし」(小池田マヤ/スクウェア・エニックス)1巻より
※【コマ引用】「うめぼし」(小池田マヤ/スクウェア・エニックス)1巻より
お酒として飲むのももちろんオススメですが、「うめぇ!」と思わずビッグ錠先生化してしまったのが、アイスクリーム。

なんてことない普通のバニラアイスにこれをかけると、
アイスの上に

(柿も添えてみた)
柿のラム酒漬 アイス
庶民アイスから、高級感のある貴族アイスにアップグレード!
よく考えたら、ラムレーズンというアイス界の名作があるんだから、ラム酒がアイスに合わないはずはないか。漬け込んだ柿は、表面は苦みが強いけど、これもラムの香りを含んだ大人の味になってました。我が家では、お酒よりもアイス用ソースとしての使用頻度が高くなりそうな予感です。

このエントリーをはてなブックマークに追加