MASTERキートン サマープディング

普段はうだつのあがらない考古学の非常勤講師。その一方、世界的な保険組合「ロイズ」の調査員として各国で活動し、過去にはSAS(英国特殊空挺部隊)でサバイバル術をマスターした男。そんな謎の経歴を持つ、平賀=キートン・太一の活躍を描く「MASTERキートン」。

残念なことに、諸事情で今は絶版となっていますが、古書店などで少しずつ集めて読んでいます。多くは一話完結なので、どこから読んでも楽しめるのもうれしい点。キートンの持つ豊富な考古学や歴史の知識はもちろん、ミステリーやサスペンスの要素もあり、ハッピーエンドからほろ苦いラストまで多彩な物語に圧倒されます。

「MASTERキートン」(勝鹿北星/浦沢直樹/小学館)ワイド版1巻より
※【コマ引用】「MASTERキートン」(勝鹿北星/浦沢直樹/小学館)ワイド版1巻より
世界各国が舞台になるだけあり、エピソードには度々美味しそうな料理が登場します。なかでも気になるのが、キートンが母の思い出の味を探る第8話のサマープディング。

サマープディングは、キートンの母の出身地・イギリスの夏の定番のお菓子。容器にパンを貼り付け、そのなかにラズベリーを注いで冷やし固めたデザート。

キートンは母のやり方通り作ってみますが、何かの香りが足りない、と悩みます。その正体は、ミント。日本のミントではなく、「ペニロイヤルミント」という、イギリスのコーンウォールから母が持参した品種だったのです。
ペニロイヤルミント
これがその、ペニロイヤルミント。普通のミントよりも、茎が細長くて、葉も小ぶりに見えます。香りは、私のニブチンな鼻ではあまり違いがわかりませんでした……。
材料
材料:
ペニロイヤルミントの葉、冷凍ラズベリー(あれば生で)、ラズベリージュース、砂糖、サンドイッチ用のパン
※ラズベリーがなければ、冷凍のミックスベリーでもいいかも。

ペニロイヤルミント
ミントの葉は、包丁で細かくみじん切りにします。

ラズベリーと砂糖 ラズベリージュース
鍋にラズベリーを入れ、砂糖を振りかけて15分ほど置きます。
ラズベリージュースを入れて、火にかけます。最初に中火、煮立つ寸前で弱火に。果肉はあまりくずさないように気をつけます。

ミントを入れる 煮詰める
果肉が軟らかくなってソース状になってきたら、みじん切りしたミントの葉を鍋に入れ、ひと煮立ちさせて完成。

食パンをカット 食パンを容器に貼り付ける
サンドイッチ用のパンを、容器のサイズにあわせて、小ぶりの三角形と長方形に切ります。容器の底に三角形のパンを敷き詰め、側面に長方形のパンを隙間なく貼り付けていきます。
容器はボウルでも何でもよさそうですが、作中の形にあわせてバケツっぽい形状のものにしてみました(ちょっと小さかったかも……)。

ラズベリーをそそぐ パンでフタをする
ラズベリーソースを容器に敷いたパンの中に、たっぷり注ぎます。最後に、一番上を残りのパンでフタをするようにふさぎます。

冷蔵庫で寝かせる
容器にフタ(もしくはラップ)をし、冷蔵庫で一晩寝かせます。
冷やすことで、ラズベリーに含まれるペクチンが固まってプディング状になる……、ということらしい。

寝かせたあと ひっくり返す
一晩経ったのが、左の状態。しみしみです。容器のフタを取って、皿にエイヤ!とひっくり返します。

パンの外側に、ラズベリーソースが染め物のようにしみて、なんだかキレイ。
でも、作中みたいにバランスのいい台形にならずちょっと無念。
MASTERキートン サマープディング

緊張とともに、ナイフを入れます。
MASTERキートン サマープディング

くずれたorz
夏の爽やかなデザート、というよりスプラッタな感じもしますね……。
MASTERキートン サマープディング

MASTERキートン サマープディング
食べた感想:
中に入ったたっぷりのラズベリーは、ほんのりとミントの風味が加わって爽やかです。ただ果肉のすっぱさと、水分を含んだパンの「グジュッ」とした食感と変な塩気が、わりと苦手かも……。ベリー系が好きな人にはたまらないかもしれませんが、うーん、私にはイマイチでした。あこがれの味だったのに、残念だ(T益T)。甘めの生クリームを添えて、何とかしのぎました。

ちなみに本場のサマープディングは、パンが真っ赤になるまでベリーソースをたっぷり染みこませて作る場合が多いようです。ここまでシミシミにしたほうが、確かに美味しいかもしれない。個人的にはパンよりも、甘いスポンジケーキで作ったほうが、酸っぱさが緩和されて好みの味になるかも……と思いました。



このエントリーをはてなブックマークに追加