RIMG0538.jpg

80年代半ばのバブル時代、モーニングに連載されていた「大東京ビンボー生活マニュアル」。ビンボー暮らしの心得やテクニックだけじゃなく、B級グルメのレシピも充実してるのがまた魅力。(しかしこの漫画は、疲れた社会人が読むとキケンw せかせか働いてる自分を、思わず見つめなおしてしまいそうになります……)

koma_20090228235508.gif
※【コマ引用】「大東京ビンボー生活マニュアル」(前川つかさ/講談社)上巻より
中でも好きなのは、牛丼のアイデアあふれる食べ方が登場する回です。

バイトの給料が入って、牛丼屋に入ったコースケ。牛丼の具をビールのつまみにして、残ったご飯は紅ショウガでサラサラとお茶漬けに! これも一度はお店で試してみたい食べ方です。

さらに秀逸なのが、テイクアウトして冷蔵庫で一晩寝かせた牛丼をフライパンでチャーハンみたいに炒めた「牛丼やきめし」。ず?っと試してみたかったこのメニューに、今回はチャレンジ(……というほどでもないか)してみます。

RIMG0528.jpg
こちら、買ってきた牛丼(大盛)。テイクアウトは数年ぶりだったので、レジで注文終えて椅子に座ろうとした瞬間にもう商品手渡されてびっくりしたw さすがH・U・Y(早いウマい安い)の吉野家だ!

RIMG0533.jpg
出来たてのホカホカの牛丼を、涙をのんで容赦なく冷蔵庫に入れて、冷やご飯状態に(熱々で作ってもいいんだろうけど、漫画でも次の日に食べたので……)。

「牛肉の油がういてくるので油をしかなくてもよい」とのことですが、ご飯をパラっとさせたかったので、今回はフライパンに少し油を入れました。まずご飯だけ炒めて、そのあと具を入れて一緒に炒めると、ちょうどよかったです。

食べた感想:
牛丼を炒めただけなのに……予想してたよりうまーい! 最初口に入れるとチャーハンっぽいんだけど、後味はほのかに吉野家秘伝のタレが香る牛丼風。もし冷めちゃった牛丼があったら、温め直すよりもこうやって食べたほうが美味しいかも。

今回は仕上げにネギを刻んだのをトッピングしただけですが、もっと本格的にチャーハンとしてアレンジしている方も! こんな風にひと手間加えるのもいいな?。

ハッ!(゚0゚;) 牛丼だけじゃなく、ほかの丼物もチャーハンにするともしかして美味しいのか!? 親子丼、鰻丼、天丼、カツ丼……どなたか、チャレンジしてみてくださいw

このエントリーをはてなブックマークに追加