おいしい関係 イモグラタン(男爵)

グルメマンガって、何故か少年誌や青年誌での連載が多いですよね。女性誌には意外と少ないのが不思議(そのかわりに、女性作家さんは作中で美味しそうな料理を描く率が高い気がしますが)。

槇村さとる先生の「おいしい関係」は、貴重な女性が主人公の料理マンガのひとつ。
何不自由なく暮らしていたお嬢様の百恵は、父親の死により自立を余儀なくされます。父親譲りの食いしん坊な彼女が選んだのは、料理の道。そのきっかけになったのは、街のビストロ「プチ・ラパン」でシェフをつとめる天才料理人・織田の料理でした。

「おいしい関係」(槇村さとる/集英社)3巻より
……とストーリーをかいつまむと、料理をスパイスにした恋愛モノに見えますが、巻を進むにつれて、むしろプロの料理人の世界を描いた、真摯なお仕事マンガであることに気付きます。そのなかで描かれる、厳しい職人タイプの織田シェフと百恵の恋愛未満のビシっとした師弟関係が、読んでいて楽しい&気持ちいいのです。

もちろん、美味しそうな料理もたくさん登場します。今回は、プチ・ラパンの改装オープンパーティに登場する、イモグラタンを作ってみました。これも織田シェフの料理ですが、味付けの秘密に気付いた百恵はレシピを完璧に再現し、見事料理を任されることに。この子ったら、自分のご飯も満足に作れなかったのに……、とその成長ぶりに感慨深くなるシーンです。
※【コマ引用】「おいしい関係」(槇村さとる/集英社)3巻より
材料
材料:
作中では、レシピのポイントだけ説明されてるので、あとは想像でおぎないつつ。
おもな材料は、ジャガイモ、生クリーム、牛乳、ピザ用チーズ。
男爵イモとメークイン、どっちにするか迷ったので、両方作ってみることにします。まずは男爵から。

じゃがいも
作り方:

ジャガイモの皮をむき、厚めの輪切りにします。ここのポイントは、切った後、けっして水にさらさないこと。
関係ないけどこの作品読んでから、イモの皮をむくとき「原価率が~!!」と脳内で叫ぶようになりました。

生クリーム、牛乳
鍋にジャガイモを並べ、生クリームと牛乳を半分ずつ、ひたひたになるまで注ぎます。火にかけ、沸騰直前で弱火にして煮込みます(時々、崩れないように混ぜます)。

チーズ
ジャガイモが柔らかくなり、汁気がトロっと煮詰まってきたら、塩コショウ。ここで味見し、イモの甘みが足りなければ砂糖をひとつまみ入れます。

ピザ用チーズ(……が足りなかったので、今回は粉チーズも追加)を少量ふって、250度のオーブンで7?8分焼きます。

オーブンから出したあとも、しばらくぐつぐつ。ちょっと焦がしすぎたか?
イモグラタン(男爵)

皿に盛って、パセリふってみた。
おいしい関係 イモグラタン(男爵)
食べた感想:
生クリームと牛乳でイモを煮込んだだけなのに、何でこんなに美味しいんだろう! ホクホクの男爵イモに、ホワイトソース。シンプルだけど、今まで食べたどんなグラタンにも負けない味です。ジャガイモ3個分作ったのですが、ほぼ一人で食べ尽くす勢いでやばかった……(カロリー的に)。


美味しかったけど、作中のビジュアルとはちょっと違う感じになっちゃったかな……と反省し、今度はメークインでリベンジしてみました。
おいしい関係 イモグラタン(メークイン)

おいしい関係 イモグラタン(メークイン)
作り方はほぼ同じですが、牛乳を多めにしてホワイトソースをゆるめに仕上げ、180度のオーブンで焦げ目がつく前に引き上げました。

ソースがさらっとしてる分、あっさりしてますがこっちも美味。イモは食べ比べてみて、男爵よりもメークインのほうが甘くてクリーミーで、グラタンに相性いい気がしました。でもこのへんは、お好みでいいかも。

蘊蓄も手に汗握る勝負もほとんど出てこないけど、料理を食べる・作る楽しさが伝わってくるマンガです。

このエントリーをはてなブックマークに追加