「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ)のほうれん草のネパールカレー

「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より
※【コマ引用】「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より
カレーの記事続きですみません。
前回作ったチキンティッカマサラから1年以上あいてしまいましたが、「ピリ辛の家政婦さん」ラ・メゾン・イヤサカ編から2つめのカレー。

チキンティッカマサラをきっかけに、にわかカレーブームが起こった弥栄荘。次々とおいしそうなカレーが登場しますが、依頼者のひとりガクンが里にオーダーしたのがこのカレー。「しゃぶしゃぶとトロトロの」がキーワードの「ほうれん草のネパールカレー」。

インドに接しているネパールは同じくカレー文化圏ですが、インドカレーよりさっぱりしているのが特徴と聞いたことがあります。
巻末にレシピが載っているので、それを参考に作ってみました。

クミン たまねぎ
鍋に油とクミンシードを入れて香りが出るまで火にかけ、薄切りした玉ねぎを色がつくまで炒める。

トマト ほうれんそう
ニンニク&しょうがのみじん切り、コリアンダーパウダー、チリパウダーを入れて炒め、ざく切りにしたトマトを入れさらに炒める。固めにゆでてざく切りしたほうれん草(2束)、水を入れて5分ほど煮る。

煮る
ガラムマサラ、塩、しょうゆで味をととのえて完成。わー、普通のカレーよりかなり簡単かも。

まずはごはんで。
「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ)のほうれん草のネパールカレー
ほうれん草とトマトと玉ねぎ、野菜しか入っていないのに、「物足りなさ」を感じないおいしさ。スパイスの力って偉大だなあ。
煮込まれた野菜のトロトロ&シャブシャブした食感が、食欲ないときでもするりと胃にはいって夏にいい感じ。

アチャール アチャールをトッピング
チキンティッカマサラのときと同じく、これもミントのアチャールがぴったり。パクチーも合いそうだな。

「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ)のほうれん草のネパールカレー
お椀によそってスープカレー風の食べ方も試してみた。
汁気が多くてサラリとしてるせいか、むしろこっちの盛り付けのほうがしっくりくるかも。

「うどんやゆでたジャガイモと食べてよし」と小池田先生の解説にあったので、2日目はつけ汁風にしてうどんと一緒に食べてみたけど、これがまた美味しかった。

食べ終わってみて、これはいわゆる「カレー」というより「スパイス風味の野菜のお惣菜」なんだな、という印象。
インドをはじめ本場には「カレー」という料理の概念はない、と聞きますが、「ああ、こういうことか」となんだか初めて実感できたのでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加