チキンティッカマサラ

「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より
※【コマ引用】「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より
「ピリ辛の家政婦さん」から、カレー2品。前回ご紹介したチキンファヒータのように、美味しそうなスパイス料理がたくさん登場するイヤサカ編。なかでも、バラエティー豊かなカレーが続々と登場する前半のエピソードは、読むと頭の中がカレー色に染まるほど強烈!

発端は、弥栄荘の住人の一人で、少女マンガ家のコンコンが依頼した、修羅場用のご飯。「手早く楽に食べれて何度も飽きずに食べれて食べる量も調節出来ておいしくて元気の出るごはん」……というリクエストに応えて、里が作ったのはカレー。しかもただのカレーではなく、スパイスたっぷりのチキンティッカマサラ。

美味しそうなカレー臭に釣られて、ほかの住人たちがご相伴に預かろうとやって来ますが、コンコンは「あげないわよ!」と一喝。次の日から、各住人が里に好みのカレーを依頼する事態に……。

さてこのチキンティッカマサラ、純粋なインド料理かと思いきや、イギリス発祥の料理なんですね。植民地時代の名残か、イギリスではインド料理がごく一般に根付いているようです。カレーの魅力に征服されたのは、日本だけじゃなかったのね。

ちなみに今回のレシピも、フィールヤングの公式ブログに、小池田先生自ら詳しく解説されてるので必見(写真もステキです!)。なのでここでは、作ってみた感想のみを。
チキンティッカマサラ
ご飯は、作中にあわせてクミンライスで。炊飯する際に、クミンシードと塩、サラダ油を加えて炊きました。

また、上の公式ブログでもおすすめされてるのが、付け合わせの「パセリとミントのアチャール」。カレーに添えると本格的な味になるそうです。
パセリとミントのアチャール

チキンティッカマサラ
食べた感想:
う、うまーーい。家で作るシンプルなカレーとは一線を画す、複雑な美味しさです。乳製品をたっぷり使ってるだけあって最初はマイルドなんですが、後口はかなり辛いので(胃が熱くなるほど!)、苦手な人はチリパウダーを少なめにしたほうがいいかも。
(※コメント欄でご指摘いただきましたが、激辛に仕上がったのは、レシピで「チリパウダー」を使うところを、間違えて「チリペッパー」を使ってしまったからのようですorz チリパウダーなら、そんなに辛くは仕上がらないようです。勘違いで申し訳ありませんm_ _m)

そのままだと洋風インドカレーという印象ですが、ここに香草やライム、アチャールをあわせるとエスニック感が増すよう。口のなかもさっぱりします。

煮詰めすぎたせいか、カレーというよりもチキンのカレー煮込み、という見た目になっちゃいましたが(ナイフとフォークのほうが食べやすい)、水分を残してシチューっぽく仕上げてもいいかもしれません。
翌日はパンに乗せて食べてみましたが、これもうまいです。ナンに挟んでみてもよかったなー。

家政婦さんカレー、次は巻末にレシピが載ってる「ほうれん草のネパールカレー」を作ってみようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加