東海林さだお 味噌カレー

クリスマスイブなのに、なんか真逆なベクトルの記事ですみません。
味噌チャーハンに続き、東海林先生の「味噌カレー」を作ってみました。「マツタケの丸かじり」に登場するメニューです。

「ありそうでなく、気がつきそうで気がつかなかった」味噌とカレーの組み合わせ。確かにラーメンにも鍋にも味噌味はあるのに、カレーにないのは不思議ですよね(もしかして、八丁味噌帝国の名古屋あたりにはすでにあったりするのだろうか……)。東海林先生は、モツ煮込みを食べている時に、ふとひらめいたそうです。味噌 vs. カレーと、日印の調味料のガチンコ勝負になりそうな感じですが、実際どうなんでしょうか。

RIMG5766_20101224005917.jpg
材料:
味噌は赤、白、八丁、田舎味噌の四種類(赤味噌と八丁味噌の違いがよくわからない……どちらかだけでもいいかも)。
あとは豚の角切り肉、玉ねぎ、じゃがいも、にんじんと普通のカレーと同じ。
ルーは、S&Bのカレー粉と、カレールーを1?2かけ。

RIMG5770.jpg RIMG5773_20101224005915.jpg
作り方:※分量はご参考までに
鍋に油を引いて玉ねぎをキツネ色になるまで炒めます。続いて豚肉を入れ、火が通ったら各種味噌を小さじ1ずつ入れます。
肉に味噌をからめるように炒めます。味噌の香ばしい匂いがしてきて、このままおかずにして食べたい誘惑にかられる。
あらかじめレンジで軽く熱したじゃがいも、にんじんを入れ、さらに炒めます。

RIMG5777_20101224005915.jpg RIMG5780.jpg
S&Bカレー粉を大さじ1入れて炒め、水600ccを入れて煮込みます。
一度火を止めてカレールーを1~2かけ入れ、弱火で40分煮込んだら出来上がり。

日印混合なので、丼に盛ってみた。
東海林さだお 味噌カレー
食べた感想:
東海林先生も驚いてましたが、味噌、カレーに完敗
食べてみるとほぼそのままカレーで、味噌とはっきりわかる味はほとんどしません。ただ、後味がなんか妙にまろやかで、和食独特のうまみがあるような気もします。蕎麦屋さんのカレーっぽいというか。なのでやっぱりご飯に合う。らっきょうにも合う。

そういえば味平カレーを作ったときも、醤油の味はほとんどしなかったなー。日本の発酵食品では、カレーには勝てないのでしょうか……。
逆にカレーって、どんな調味料をも打ち負かす強烈な味だからこそ、「隠し味」が発達したのかもしれないなあ……とも思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加