「ピリ辛の家政婦さん」チキンファヒータほか

「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より
※【コマ引用】「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より
小池田マヤ先生の「家政婦さんシリーズ」の最新刊が出ました。前作「放浪の家政婦さん」でも美味しそうなシーンが満載でしたが、今回はさらに料理ネタがパワーアップ。さらに嬉しいことに巻末には、作中に登場する料理を再現できる、小池田先生の描きおろしレシピまで!

どれから作ろうか迷ってしまいましたが、今回は「ラ・メゾン・イヤサカ」のエピソードに出てくる、チキンファヒータと、ほかのメキシコ料理を再現してみることにしました。

「ラ・メゾン・イヤサカ」は、漫画家に小説家など、個性的なクリエイターたちが共同生活するコーポラティブハウスが舞台。危ういバランスで保たれていたそれぞれの人間関係が、家政婦・里の出現で混乱していく様子がハラハラしつつ面白いです。

チキンファヒータは、契約期間最後の日に、里が振る舞った料理。狂乱の日々を締めくくる、スパイスたっぷりの料理とモヒートでの乾杯が印象的でした。そのほか、海老とセロリのセビチェ、レンズ豆のスープ、ワカモレとフレッシュサルサのディップなど、メキシコ料理のフルコースです。

メインのチキンファヒータは、フィールヤングの公式ブログで小池田先生のレシピが公開されてます!
分量や工程も詳しく解説されているので、作り方はそちらをご覧いただくことにして、作ってみた写真だけ公開。

チキンファヒータ

ホットプレート推奨とのことですが、確かに調理もラクだし熱々を食べられておすすめです。

包む

冷凍トルティーヤをフライパンで温め(焼きすぎると固くなるので注意)、ファヒータを巻いていただきます。

包む
食べた感想:
かなり辛いー! でもうまいーー! チキンは胸肉で、脂身を除去して作るのでパサパサしないか心配でしたが、事前にマリネするおかげか気になりません。辛さはもちろん、クミンのエスニックな香りがきいてて、止まらない美味しさ。辛いのが苦手な方は、スパイスの量を加減したり、アボカドのディップをあわせて食べるとまろやかになっていいかも。

モヒート
モヒート:
ファヒータのおともが、作中の乾杯シーンにも登場したモヒート。ラムとソーダ、ミントの葉、砂糖(orシロップ)で作るさわやかなカクテルです。里いわく、ポイントは酒とグラスをよく冷やすこと。クラッシュドアイスを使うこと。さらにミントをたっぷり入れて、ガシガシよく潰すこと。

実はラム酒は苦手だったんですが、これはミントの香りがさわやかで飲みやすかったです。激辛のファヒータにめちゃくちゃ合います。



ここから以下のメニューは、作中にレシピがないので、色んなサイトを参考にしつつ勝手に想像して作ったものです。あくまで参考程度にどうぞ。

海老とセロリのセビチェ

海老とセロリのセビチェ
海老とセロリのセビチェ:
セビチェは、南米でよく食べられているマリネ風の海鮮サラダらしい。作り方は色々あるようですが、今回は以下のようなレシピで。
海老は茹で、セロリはぶつ切り、トマトは皮と種とって乱切り、香草はと玉ねぎはみじん切り。以上を塩胡椒と、ライム半個の絞り汁、ハラペーニョでよく混ぜて冷やしておきます。
酸味と海老の甘さがよく合う、さわやかな前菜風。ちょっとタイ料理っぽい味です。

レンズ豆のスープ

レンズ豆の缶詰 煮込む
レンズ豆のスープ:
生のレンズ豆からも作れるようですが、今回は手軽に缶詰で。鍋に油を入れてニンニクと玉ねぎのみじん切りを炒め、レンズ豆缶とトマト缶を入れて煮込むだけ(レンズ豆缶に塩が入ってる場合は、味付けも不要かも)。
ソウルフードっぽい素朴な味で、レンズ豆のツブツブした食感が美味しい。ソーセージと一緒に煮込んでも合いそう。

ワカモレとフレッシュサルサ
ワカモレとフレッシュサルサ(タコスチップ添え):
おなじみのメキシコ料理。これも作り方は色々あるようですが、
<ワカモレ>アボカド1個をよく潰し、玉ねぎ1/4個のみじん切り、ライム大さじ1、ハラペーニョ、塩胡椒で味付け。
<フレッシュサルサ>湯むきして種をとり角切りしたトマト1個、玉ねぎ1/4のみじん切り、香草、ライム大さじ1、ハラペーニョ、塩胡椒で味付け(水分が多すぎたのか汁っぽくなってしまいました)。
…という感じにしてみました。これに市販のプレーンのタコスチップを添えます。
こういうディップは、瓶詰の市販品もありますが、手作りはやっぱり格段に美味しい。いくらでも食べられます。

まとめ:
メキシコ料理って、ナチョスとかブリトーとかチーズたっぷりのこってりしたイメージがあったけど、この献立はさっぱりしてて胃もたれもせずヘルシーな印象でした。一品一品の手間は、思ったほどかからないので、パーティーメニューにおすすめです。

あ、何か忘れてる……と思ったら、最後に出てくるデザートの「パイン缶づめラムシロップソテー」作ってなかった!orz(後日こっそりアップします)

「ラ・メゾン・イヤサカ」のエピソードには、このほかにも美味しそうなスパイス料理がたくさん出てくるので、また作ってみたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加