「バッカス」のフレンチ75

「たった一杯のカクテルで 戦争を止めた男がいる」


この導入部分だけで、グッと心をわしづかみにされたのが、青木健生先生(原作)、井上元伸先生(作画)の「バッカス」。テンガロンハットとマッチョな体が特徴の謎のバーテンダー“バッカス”が、各地をさすらいながらカクテルで悩みや事件を解決するグルメ(?)漫画です。

「バッカス」(青木健生/井上元伸/日本文芸社)より
※【コマ・セリフ引用】「バッカス」(青木健生/井上元伸/日本文芸社)より
バッカスはやたらと脱ぐし、お色気シーン多いし、カクテル作るシーンはド派手だし、ひとことで言うと「……濃い!」のですが、これが面白い(他の作品で例えるのはちょっとアレですが、「ジョジョ」+「ドカコック」、というとわかりやすいでしょうか)。セリフの一つ一つもイカしてて、いい意味でケレン味のあるセンスに痺れます。

今回作ってみたのは、ご紹介した冒頭シーンに登場する「フレンチ75」。中東の某国で、犬猿の中のハマダ王子とガリエダ将軍が衝突。互いに銃口を向けて一触即発の状態に陥りますが、ここでバッカスが二人にふるまったのがこのカクテル。

ジンとレモンジュースとシュガーをシェイクしたものに、シャンパンを注いだ「爽快な一杯」。ジンはかつて解熱剤として飲まれていたこともあり、これで頭を冷やせ、というメッセージも込められてます。

バッカスの思惑どおり、このカクテルで二人は和解。冒頭のセリフにつながる、というわけです。巻中のエッセイにレシピも載ってるので、参考にして作ってみることに。
材料
材料:
・ドライジン ・レモンジュース
・シュガーシロップ ・シャンパン

シャンパンといっても、今回はお安いスプマンテですが……。
グラスは、コリンズグラス(細長い円筒形のグラス)を使います。これは炭酸・発泡系のカクテルに向いてるらしい。
あと、ずっと欲しかったあこがれのカクテルシェイカーとメジャーカップも揃えてみました。これがあるとなんかテンション上がりますね。
氷
作り方:
氷をたっぷり入れて、グラスを冷やします(底にたまった水は捨てる)。
メジャーカップ シェイカーに注ぐ
ジンとレモンジュース、シュガーシロップをシェイカーに入れます。

シェイク グラスに注ぐ
いよいよ振ります。完全にシロウトなので、手つきが心もとないですがご容赦を。
シェイカーのフタがちゃんとしまってなかったのか、途中でこぼれかけたりして焦りました。マチャアキやトム・クルーズみたいな、アクロバティックなシェイクは夢のまた夢のようです……。
よくシェイクしたら、氷の入ったグラスに注ぎます。

シャンパン ステア
その上から、冷やしたシャンパンを注ぎ、グラスの底から1回だけ軽く混ぜます。

これで完成。グラスから、爽やかな香りがします。
「バッカス」のフレンチ75
飲んだ感想:
シャンパンとジンの香りにレモンジュースの酸味が加わって、ほんとに爽やかな味。飲みやすいけど甘ったるくはなく、キリっと辛口で後味はほろ苦く、大人の発泡カクテルという感じでした。食事はもちろん、食前食後にも楽しめそう。ただ、度数は意外と高めなのでご注意を。
ジンをウイスキーやブランデーに変えた、別種のカクテルもあるみたいで、これも作ってみたいなー。

このエントリーをはてなブックマークに追加