かきあげそば 野菜の天ぷら

「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)4巻より
※【コマ引用】「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)4巻より
スーパーのBGMにジングルベルが流れたり、お歳暮やおせちの見本が陳列されてたり、そろそろ師走っぽいムードになってきました。先日出た「きのう何食べた?」4巻にも、大晦日の年越し蕎麦のエピソードが登場します。献立は、
・えびと三ツ葉とたまねぎのかきあげそば
・野菜の天ぷら(にんじんとごぼうのかき揚げ、イモ天)

の2品。

いつもはサクサクと手際よく調理するシロさんですが、今回は左のコマのとおり、浮かない顔。というのも、天ぷらは彼にとって鬼門といえる料理故。

しかし「家でそばっつったら俺は天ぷらそばを食いたい」、さらに苦手意識を克服したい気持ちもあるようで、重い腰を上げます(で、結局失敗しちゃうのですが……)。

私も揚げ物は好きだけど作るの苦手で(後片付けも面倒だもんなー)、今回のシロさんの気持ち、よくわかります。でもやっぱ、多少ヘタでも家で作る揚げたては美味しいんですよね。というわけで、作中のレシピの揚げ物部分に絞って再現レポートしてみます。
天ぷらのたね
作り方:
天ぷらのタネは、市販のコツのいらない系の天ぷら粉で作ります。野菜系の天ぷらの場合、袋の分量よりもやや水少なめに作るのがコツらしい。

えびと三ツ葉とたまねぎのかきあげ
まずはエビのかき揚げから。
むきえびは薄く天ぷら粉をはたいておきます。三ツ葉、1cm角に切った玉ねぎと一緒にボウルに入れ、上の天ぷらタネを1/3程度入れてさっくり混ぜます。

にんじんとごぼうのかき揚げ
次はにんじんとごぼうのかき揚げ。
にんじんとごぼうは、キンピラを作る時の太さに切って、同じく天ぷらタネの1/3と混ぜます。

さつまいも揚げる
残った天ぷらタネに7?8mmに斜め切りしたさつまいもをまぶし、最初にイモ天を揚げます。

にんじんとごぼうのかき揚げ2
お次に、にんじんとごぼうのかき揚げ。お玉に軽くタネをすくって、静かに揚げ油のなかにすべらせます(鍋のフチから入れるとやりやすいかも)。
そこからしばらく触らず、タネが固まったら裏返して、計3分程度かけてじっくり揚げます(揚げ方が足りないと、バキバキの食感になってしまう ←過去に失敗…)。

にんじんとごぼうのかき揚げ3
揚がったら、よく油を切ってパットに置きます。
イモ天とごぼうとにんじんのかき揚げは、何とかクリア。

最後のえびのかき揚げが、一番の難所です。
投入 投入2
さっきと同様に、お玉に軽くタネをすくって、油のなかにフチから静かにすべらせます。
お! バラバラにならず、何とかまとまったっぽい??

意外にうまくいって、拍子抜け&ちょっと天狗になりかけたところ……探検隊が見たものは!!(ちがう)
がっかり
罠は、かき揚げを裏返す時にありました。
にんじんとごぼうの時と違って、具がそれぞれ大きいエビのかき揚げは一見まとまったようで実はまとまっておらず、箸で裏返そうとした瞬間バラバラに(T益T)

うーん、コロモが少なくてつなぎが弱かったのかな……。
成功か? えびと三ツ葉とたまねぎのかきあげ2
気を取り直して何個か揚げるうちに、箸ではなく網杓子でそっと裏返せば、なんとか形を保って揚げきることに成功。
揚がったエビのかき揚げはこちら。6割方バラバラになって、4割がなんとか生き延びた……という感じでしょうか。

多分だけど、玉ねぎの形状がわりとゴロっとしてるので、まとまりにくいのかなー。薄切りの玉ねぎなら、天ぷらタネとよく絡んでくれるような気がしました。でも一方で、この角切りの玉ねぎがまた、美味しそうなんですよね。

茹でた蕎麦の上にワカメ、茹で小松菜、刻みネギをのせ、濃いめのかけつゆをかけて、バラバラになったエビのかき揚げをのっけて完成。
かきあげそば 野菜の天ぷら

えびと三ツ葉とたまねぎのかきあげそば
えびと三ツ葉とたまねぎのかきあげそば:
おうち蕎麦ならではの、具だくさんな見た目がなんかイイ。
バラバラになっちゃったかき揚げに落ち込むシロさんを見て、ケンジは
まとまんなくても味なんか同じじゃん ちゃんとおいしーよコレ」とナイスフォローを入れるんですが、確かにそのとおり。というか、個人的にはちゃんとしたかき揚げよりも、最初から崩れてる方が食べやすくて好みかも。エビのプリプリと、角切りの玉ねぎの甘さにコロモの油が混じって、時間が経つほどおつゆが美味しくなるのも、天ぷら蕎麦の醍醐味ですなー。

野菜の天ぷら

そばつゆは天つゆ
野菜の天ぷら:
野菜の天ぷらは、残った蕎麦つゆを天つゆ代わりにしていただきます。
つゆは、茹でた蕎麦とか具が載るとちょっと薄くなっちゃったので、もうちょっと濃くしてもよかったかな。
にんじんとごぼうのかき揚げは、じっくり揚げたおかげで甘みが出て、根菜ってコロモをまとうと何でこんなに美味しくなるんだろう……といつも不思議だ。
天丼それでも残った天ぷらは、ご飯にのっけて上からめんつゆ少々かけて、天丼風に食べても美味でした。

※かき揚げをうまく揚げるコツについて、コメント欄で皆様からお役立ちアドバイスが!!
チャレンジされる方は、ぜひご覧ください。すごい参考になるテクが満載です。

このエントリーをはてなブックマークに追加