タマリンド水のシチュー

「サカタ食堂」(坂田靖子/ジャイブ)「タマリンド水」より
※【コマ引用】「サカタ食堂」(坂田靖子/ジャイブ)『タマリンド水』より
坂田靖子先生は、いずれちゃんと読んでみたいなあ、と思っていた作家さん。短編集もたくさんあるし、「バジル氏の優雅な生活」も名作として名高いし、どれから手に取るか……と悩んでる間に、機会を逃してしまっていました。
最近、新旧の食べ物の話を集めた短編集「サカタ食堂」が出たと知り、「これだ!」と決心がついてようやく手に取った次第。

短編のなかで一番印象に残ったのが、「タマリンド水」のお話。旅行中に身ぐるみはがされ、東南アジアと思われる村で保護された青年は、そこで毎日村人たちから「酸っぱい味のシチュー」をふるまわれます。

その後無事町に戻った青年は、再び村に行くことを切望しますが、村の名前も場所も不明。諦めかけた頃、友人に誘われて入ったレストランで、あの酸っぱいシチューと再会します。その料理が「タマリンド水のシチュー」という名前であることを知り、ようやく村への手がかりをつかみますが……。と、こんなお話。

タマリンド
タマリンドは「スパイスビーム」の再現でも使った食材ですが、干したアンズのような甘酸っぱいマメ科の植物。料理の酸味づけに使う、という知識は前回得ましたが、スープにするってどんな味なんだろう。

調べてみると、タマリンドを使った酸味のあるスープ料理は東南アジア各地にあり、タイでは「トムソム」、フィリピンでは「シニガン」、そしてベトナムでは「カインチュア」という料理名のよう。(※wikipediaより

さてそうすると、今回の「タマリンド水」のエピソードに登場した東南アジアの村は、一体どの国なのか……? 村の人々が仏教徒である点や、水牛のある生活、さらに頭に被っている菅笠から、おそらくベトナムが一番近いんじゃないか、と推測。というわけで、カインチュアの作り方を参考に再現してみます。
材料
材料:
・タマリンド ・白身魚(今回は骨つきの真鱈)
・海老 ・トマト ・もやし ・オクラ
・パイナップル ・万能ねぎ ・バジル
・パクチー ・レモングラス
・唐辛子 ・ナンプラー ・砂糖、塩

※作り方は、こちらのサイトを参考にさせていただきましたm_ _m

うーん、久々に材料から味がまったく想像できない料理です。パイナップルの入ったスープって……謎すぎて、オラわくわくすっぞ。
本場ではメコン川でとれるような川魚を使うようですが、スーパーになかなか置いておらず断念。とりあえずクセのない真鱈と海老にしてみました。そのほかの材料も、手に入れやすい物でアレンジしています。
タマリンド水
作り方:
1.タマリンドの実はキッチンペーパーなどに入れ、水の入ったボウルのなかで色づくまでよく揉み出します。
たら たらとニンニク
2.白身魚はぶつ切りにし、塩を振って血合いを洗います(現地では魚の頭も入るようなので、尾頭付きで)。
鍋に油とニンニクを入れて香りが出たらエビと魚を入れ、ざっと火を通します。真鱈は身がやわらかいので、ちょっと崩れてしまった……。

煮る
3.別鍋に水を沸騰させて酒と塩を入れ、2の魚とエビを加えてアクを取りつつしばらく煮ます。
タマリンド水を加える ナンプラー
4.タマリンド水を加え、酸味をつけます(加減はお好みで)。本場ではナンプラーをつけだれにして食べるようですが(鍋の味ぽん的な感じで)、作中では皿ひとつで食べていたので、ここで味付けに使っちゃいます。あと、砂糖も。

野菜色々 もやしとねぎ
ぶつ切りにしたパイナップル、トマト、オクラ、レモングラスを入れてさっと煮ます。さらにもやし、万能ネギを加えてひと煮立ちしたら完成。

パクチー、バジル、レモン、唐辛子をのせていただきます。
タマリンド水のシチュー
食べた感想:
レモングラスや香草のエスニックな香りがして、トムヤムクンから辛さを抜いたようなさっぱりしたスープ。タマリンドだけでなく、トマトやレモンの酸味もありますが、お酢みたいにとがってはおらず、マイルドです。ただパイナップルを入れすぎたのか変に甘くなっちゃって、これは私の味付けの失敗だな(T益T)。

自分なりに調べて作って食べて、納得したかというとその逆で……うーん、どこがどうとは言えないけど、やっぱり漫画のなかのシチューとは「別物」!なんですよね(これは漫画飯作るたびに、いつも心のどこかで思うことだけど)。読んだ時のイメージが強いほど、自分のなかの想像の味を超えるのは難しいのかもしれない。
というわけで、「タマリンド水のシチュー」のほんとの味は、私のなかでまだまだ謎のままです。

このエントリーをはてなブックマークに追加