パルミジャーノ・レッジャーノのバルサミコ酢&ラズベリージャム

ビール一辺倒だった夏から秋になると、何となく呑み心がワイン方面にシフトします。といっても私は全く詳しくないので、その辺の店で目に付いた手頃な値段のものを「ジャケ買い」して、適当に飲むだけなんですが……(たまに気に入ったのがあっても、銘柄を忘れるので二度と出会えない)。

チーズも同じ理由で、適当に買って食べるけどそのままほったらかしで、いつまで経っても詳しくなりません。

「チーズの時間」1巻より
※【コマ引用】「チーズの時間」(山口よしのぶ/花形玲/芳文社)1巻より
そんなとき本屋で見つけたのが、「チーズの時間」というチーズ専門のマンガ。いやー、料理マンガは細分化してますが、こんなのもあるとは知りませんでした。

“チーズ鑑評騎士”(実在する協会のようです)の称号を得た、フランス育ちの日本人・亜氷見レミ。誰もが振り返る美人だけど、頭の中はフロマージュ(チーズ)のことでいっぱい。両親の故郷でチーズ文化を広めたいと、来日してチーズショップを開くことから、物語は始まります。

料理マンガらしくウンチクあり、おいしそうな料理ありでなかなか楽しい内容なんですが、何よりレミたんのチーズの食べっぷりが気持ちよすぎます。
第一話のロックフォールチーズとか、明らかにクセがありそうなものでも、「おいしーっ」となんかおにぎりのような感覚でムシャムシャ食べてます(左図)。

日本人がぬか漬けの1本食いとか全然平気なように、チーズ文化の国の人はこんなみんなこんな感じなのかな……。カビ系チーズはチビチビとみみっちくしか食べられない私は、ちょっと羨ましい。
さて今回は、第二話に登場するチーズから作ってみます。

信用金庫に勤める男女二人の恋をサポートするために、レミが選んだ食材は、イタリアで“チーズの王様”と称される「パルミジャーノ・レッジャーノ」。その製法から1日に1個しか出来ず(ただし巨大サイズ)、熟成に時間も必要なことから、イタリアの銀行ではこれを担保にお金を借りられるほどの存在らしい。
パスタに削り入れると本格的な味になるし、日本のスーパーのチーズコーナーでも比較的手に入りやすいのがうれしい。

「チーズの時間」1巻より
※【コマ引用】「チーズの時間」(山口よしのぶ/花形玲/芳文社)1巻より
作中では、このチーズを使ったちょっと珍しい料理が紹介されてました。砕いたパルミジャーノ・レッジャーノを、バルサミコ酢にラズベリージャムを加えたものに浮かべた一品。おつまみのような、デザートのような見た目で、どんな味なのか激しく気になってました。

パルミジャーノ・レッジャーノ 材料
材料:
パルミジャーノ・レッジャーノのは、パスタ用に買ってた大きいブロックがまだ家に残ってるんですが、新鮮なほうがいいかも……と、ミニサイズのものをあらたに買いました。
あとは、バルサミコ酢とラズベリージャム。

バルサミコ酢とラズベリージャム
ラズベリージャムは、生or冷凍のラズベリーがあればイチから作った方が、色がキレイに仕上がるかも。今回は手軽に、市販のジャムで作ります。
バルサミコ酢との配分はお好みですが、私は酢1:ジャム4、くらいで混ぜました。

チーズを砕くチーズは包丁の背などで一口程度に砕きます。

器にジャムを入れ、砕いたチーズを浮かべたら完成。
パルミジャーノ・レッジャーノのオツマミ

チーズにジャムを絡めつついただきます。お供は、やっぱり赤ワインがいいのかな。

パルミジャーノ・レッジャーノのオツマミ2
食べた感想:
パルミジャーノのしょっぱさと、バルサミコとラズベリーのフルーティな甘酸っぱさは、思った以上に相性いいです。ワインが止まらん味。
考えてみれば、もともとパルミジャーノとフルーツ(いちじくとか)は、生ハムも加えてつまみによく出てくるし、こういうちょっとデザート風にしたパターンもアリなのかもしれないですね。

簡単に出来るので、「もう1品」というときでも、食後のデザートにもおすすめです。


このエントリーをはてなブックマークに追加