あけびのサブジ風

「リトル・フォレスト」2巻より
※【コマ引用】「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)2巻より
季節とともに歩む「リトル・フォレスト」再現、秋編。
本編を読んだときから、ずーっとあこがれていた「あけび」に初対面しました。東北出身の人や、子どものころ山遊びに親しんでた人には、おなじみの果物みたいですね。
「種が多いんだよね」「おやつによく食べたなー」と思い出を聞いては、羨ましく思ってました。

「リトル・フォレスト」のなかでも、子どもも大人も、そして森のケモノたちも大好きな山のおやつとして描かれています。

あけび
東北から取り寄せるしかないかな~、と思ってたら、立ち寄ったスーパーの青果コーナーに置いててびっくり。そして、童話に出てきそうな、不思議でちょっと妖しい見た目にもびっくり。
なんかこう、食べるとHPとかMPとか回復しそうな感じです。

あけびを米びつに
買ったばかりのあけびはまだ少し固くて、マンガの絵みたいに実がぱっくり割れて熟した状態ではありませんでした。青果店で「米びつに入れて一晩寝かすと追熟する」と教えてもらったので、そのとおりにしてみた。

ところが数日待っても、ウンともスンとも割れず……。日が経ちすぎて、皮が痛んできたorz

割ったあけび
中身はぶよぶよと熟している感触がしたので、もう思い切って、包丁で無理矢理割ってみることにした。

おおー、噂どおり種だらけ。種のまわりに、白い半透明の果肉がついています。
あけびの実
スプーンで実をすくっていただきます。
味は、柿の熟した部分ような、スイカにも似てるような……。香りはほとんどせず、すっとした甘みが印象的。夏と秋の中間のような、そんな果物の味。
「冷蔵庫でひやしたワケじゃないのに なんでかねー 口にひんやり」
「上品な甘み 和菓子が目指してるのってこのカンジだよね」

という作中のセリフに、いちいち納得しながら食べました。

「リトル・フォレスト」2巻より
※【コマ引用】「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)2巻より
あけびの皮のサブジ風:
さてあけびは実の部分を食べ終わっても、皮の部分のお楽しみがあります。
ひとつは、いち子が考案したサブジ風の炒め物。一口大に切ったあけびの皮を、調味料で炒めあわせた一品。つまみにもおかずにもイケるらしい。

あけびの皮
作り方:
皮が傷んでしまったので、見た目が美しくないですが……。あけびの皮を軽く洗って水気をふき、一口大に切ります。

炒める 味付け
フライパンを熱して油を入れ、みじん切りしたネギを香りが出るまで炒めます。あけびの皮を投入し、皮部分がしんなりするまで炒めたら、ケチャップ、カレー粉、しょうゆで味付けして完成。

あけびの皮のサブジ風
食べた感想:
炒めたあけびは、食感はトロっとしたナスのよう。そして味は、ゴーヤを穏やかにしたようなほろ苦さ。これにケチャップの甘み、カレー粉のスパイシーさが加わって、確かにビールが進みます。ただし冷めると苦さが目立って味が落ちるので、熱々のうちに食べるのがおすすめかも。

「リトル・フォレスト」2巻より
※【コマ引用】「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)2巻より
あけびの皮のひき肉詰め:
2品目は、あけびの皮のなかに味噌で味付けしたひき肉を詰めて、油で揚げた料理。これは山形の郷土料理として定番らしく、ネットで調べても色々レシピが出てきます。

「リトル・フォレスト」のなかでは、稲刈り作業のお弁当に持って行く……という、秋らしいオチがついていました。
肉詰め
作り方:
作中にレシピはないので、郷土料理のサイトなどを参考に作ってみます。

豚ひき肉にみじん切りしたネギ、味噌、片栗粉少々、塩コショウを混ぜ合わせます。これをタテ半分に切ったあけびの皮のなかに詰め、もう半分の皮とあわせて、楊枝などでしっかり止めます。
揚げる
熱した油で、あけびを中に火が通るまで揚げます。

揚げる2
揚げたのが、こんな感じ。楊枝の止め具合がちょっと弱かったのか、両端が少し開いてしまいました。しかし凶悪な外見だな……。

楊枝を取って、断面が見えるようにカットします。
あけびのひき肉詰め
食べた感想:
おお、これはウマいです。ひき肉が入る分、さっきのサブジ風よりも苦みがおさえられて食べやすくなりました。味噌の甘辛い味付けと、ほろ苦くいあけびがよく合います。さっきまで「果物」だったと思えないくらい、お総菜として違和感ナッシン。

ただ肉詰めは手間がちょっとかかるので、面倒なときは、サブジ風みたいに、ひき肉と皮を炒め合わせるだけでも十分おいしくなるかも……と思いました。

あけびの出荷期間はわりと短いようなので、今年はもう食べ納めかもしれませんが、来年もまた味わってみたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加