クッキングパパ 牛タンチャーハン

「クッキングパパ」より
※【コマ引用】:モーニング「クッキングパパ」(うえやまとち/講談社)より
モーニングの「クッキングパパ」の連載で、美味しそうな回があるとスクラップしてるんですが、久々に見返したらこのチャーハンが目に止まったので、作ってみました(家人は牛タンが苦手なので、一人飯の際にこっそり)。

田中君の一番下の弟・三郎君が、恋人の天子ちゃんを紹介しに家に連れてきた際、夢子さんが作った料理。
この天子ちゃん、大学の研究生で一見マジメな才女。でもファッションセンスが独特すぎたり、ドジっ子だったり、よく見ると美人だったり……言動もかなりフシギちゃんで、登場する度に目が離せないw
いずれ三郎君と無事ゴールインする日が来るんでしょうか……。

牛タン 牛タン2
作り方:
牛タンは1cm角とちょっと大きめに切るので、焼肉用の薄切りは×のよう。タンシチュー用の厚めの肉があったので、それを使いました。

野菜
にんにく、しょうが、ネギ、ニンジンを細かくみじん切りします。特にニンジンは細かく、とのこと。

野菜を炒める たまご
フライパン(ほんとは中華鍋)を熱して油を入れ、野菜類をさっと炒めて別皿に取っておきます。続けて同じフライパンで炒り卵を作り、これも別皿に。

牛タンを炒める ご飯投入
フライパンに油を足して強火で熱し、牛タンを炒め、火が通ったらご飯を投入。パラパラになるまでよく炒めます。

味付け
別皿に取っていた野菜と卵を入れ、少量のオイスターソース、塩コショウで味付け。仕上げに、鍋肌に醤油をまわし入れ、ざっと混ぜて完成です。

皿に盛って、漬物を添えます。

クッキングパパ 牛タンチャーハン

牛タンがゴロっと入ってて、うまそー。

クッキングパパ 牛タンチャーハン
食べた感想:
普通のチャーハンより見た目も味も肉々しくて、彩りもきれい。野菜が細かい分、牛タンのゴロリとした食感が際だってて、食べ応えあります。ただ、厚い牛タンはちょっと噛み切りにくいので、焼肉用の薄い牛タンを使ったほうが食べやすくはなるかも。
「ごちそう感」のあるチャーハンなので、作中のようにライトなおもてなしの一品にもよさそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加