素揚げ野菜のあえ蕎麦

「茄子のはな」(リトルフォレスト収録)より
※【コマ引用】「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)2巻(巻末「茄子のはな」)より
ひさびさに「リトル・フォレスト」から……といっても、本編からではなく、2巻巻末のおまけマンガ「茄子のはな」に登場するメニューです。

「茄子のはな」は、黒田硫黄先生のアニメ化作品「茄子 アンダルシアの夏」のコラボBOOKが初出の、読み切りマンガ(黒田先生と五十嵐先生はご友人らしいので、その関係で寄稿されたのかなー、と勝手に予測)。

茄子のテーマにちなみながら、(おそらく)五十嵐先生の当時の生活がエッセイ風にまとめられています。畑の作付け計画から夏野菜のレシピまで、「リトル・フォレスト」の巻末にも、マッチする内容。

素揚げ野菜のあえ蕎麦(※作中に料理名がないので、勝手に命名)は、「夏の昼食によく食べるメニュー」だそう。その日採れた野菜を小さく切って素揚げし、薬味と一緒に濃いめのタレで食べる、というもの。読んだときから「うわー、美味しそう!」とあこがれて、夏が来たら作ろうと思ってたメニューです。

下準備
作り方:
基本はそのときにある夏野菜でOK、とのことですが、せっかくなので作中に挙げられた野菜類を全部そろえてみることに。
ナス、ピーマン、ジャガイモ、ししとう、ズッキーニ、いんげん、カボチャをそれぞれ1センチ角に切ります。薬味はこれもお好みですが、シソ、しょうが、バジル、香菜を適当に刻んでおきます。
……なんかすごい量になってしまった。
揚げる 素揚げ野菜
中華鍋に油を入れて熱し、ジャガイモ&カボチャ → ナス&ズッキーニ → ピーマン&ししとう&いんげん の順番に投入して揚げます。揚げ加減はお好みですが、歯ごたえが残るくらいのほうが美味しいかも。

たれ
ボウルに酢、砂糖、塩、すりごま、醤油を入れてよく混ぜ、タレを作ります(味は濃い目がいいとのこと)。

蕎麦 たれをかけ
ゆでて流水で洗った蕎麦を盛り、上に素揚げ野菜と薬味をたっぷりのせ、タレをかけて完成。

タレと蕎麦をよく絡めていただきます。
素揚げ野菜のあえ蕎麦

素揚げ野菜のあえ蕎麦
食べた感想:
甘酸っぱい味のタレと蕎麦が、意外と相性いい感じ。素揚げ野菜は甘みが出て、それぞれ食感が違って美味しい(ジャガイモはホクホクして美味しかったけど、もうちょっと歯ごたえ残してもよかったかも)。香菜やバジルも、蕎麦にあわせると不思議にいい味でハマりそうです。

全体的にはタレの味のせいか、蕎麦というより、ちょっと変わった冷やし中華風の印象に。めんつゆで食べると一気に和風の味になって、これもまた美味しい。どちらにしろ、夏野菜がたっぷり楽しめて満足! 好みでアレンジして、楽しめそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加