キタッラの高原キャベツ恵味パスタ

「パスタの王国」より
※【コマ引用】:「パスタの王国」(中祥人/日本文芸社)より
先日母親が上京してうちに泊まったとき、本棚の漫画を色々読んでたんですが、この「パスタの王国」が一番気に入ったよう(あと「きのう何食べた?」も)。普段漫画読まない人も、料理モノだととっつきやすいのかなー。

さて、季節モノのメニューも多い「パスタの王国」ですが、この「キタッラの高原キャベツ恵味パスタ」は夏らしい素材をいかしたパスタ。嬬恋高原の朝摘みキャベツに、同じく嬬恋産のトウモロコシ「恵味(めぐみ)」を使い、「キタッラ」という特殊な製法のパスタにあえたもの。

「パスタの王国」より
※【コマ引用】:「パスタの王国」(中祥人/日本文芸社)より
キタッラはイタリア語で「ギター」の意味で、その名の通りギターのような細い弦の上にパスタ生地をのせて麺を作る道具(左図)。イタリア最古のパスタマシン、とも言われてるそう。この道具で作ったパスタは断面が正方形になって、ソースに絡みやすくなり、モチモチした食感が楽しめるとか。

さすがにこの道具を購入するワケにはいかんので、生パスタを扱ってるお店を探して手に入れました(こちらのお店。通販もあります)。

キタッラ キタッラ2
これがそのキタッラの生パスタ。断面が確かに四角い! 表面もギザギザしていて、ソースによく絡みそうです。

材料 恵味
そのほかの材料。嬬恋産のキャベツと恵味、通販で買うしかないかなー、と思ってたら、ちょうど近所の青果店で売られてて助かった(キャホー)。
トウモロコシの「恵味」。生でも食べられて、フルーツのように甘いのが特徴の品種らしいです。皮をむいてヒゲをとり、粒を手でむしるか、包丁で削いで取り分けます。

生のまま試しに味見してみたら、ほんとに糖度が高くてビックリ。ヘタな果物より、全然甘い。最近は、ほかにも甘い品種が色々出てるので、手に入れにくい場合は代用していいかも。

高原キャベツ
高原キャベツは外側から葉を一枚一枚はがして、芯の部分をカットし、冷水につけてシャキっとさせておきます。

ソース あえる
恵味の粒とオリーブオイル、アンチョビ、唐辛子のみじん切り、コショウをボウルに入れ、よく混ぜてソースを作ります。
茹でたキタッラをボウルに入れ、ソースとよく絡めます。

皿の上に水気を切ったキャベツの葉を2~3枚重ね、中央にパスタを盛りつけて完成。
キタッラの高原キャベツ恵味パスタ

「キャベツ畑のなかのきらめくコーンジュエル」とか、頭の沸いたメニュー名をつけたくなるメルヘンなビジュアルですな。

キタッラの高原キャベツ恵味パスタ
食べた感想:
生キタッラは、ほんとにモッチモチ! 普段食べてるパスタと比べると、まるで半分うどんとか中華麺のような食感です。味付けはシンプルなアンチョビ風味ですが、麺の粗い表面によく馴染んでしっかりソースの味がします(普通のパスタ版も試しに作ってみたんですが、こっちはやはりソースにあまり絡まずイマイチ)。

キャベツは最後に残ったソースをつけて食べるもよし、途中で適当にちぎりながらパスタとあえて食べてもよし。唐辛子の辛みとコーンの甘さの相性もよく、夏野菜のフレッシュさを楽しめるパスタでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加