あさりちゃん ニンジンカレー
Meetsのカレー本(「LOVEカレー」)のため、新規に作った「あさりちゃんのニンジンカレー」。Meetsではダイジェスト版を載せていただきましたが、編集さんから「ブログに載せても大丈夫ですよ」と許可いただいてたので、遅ればせながらフル版をアップします。

「あさりちゃん」11巻より
※【コマ引用】:「あさりちゃん」(室山まゆみ/小学館)11巻より
「あさりちゃん」は、子どものころに愛読していたマンガのひとつ。私の世代ではアニメの再放送も盛んだったなあ。連載は現在も続いていて(5月時点で92巻刊行)、長編モノが少ない少女マンガのなかで、こんなに老若男女に親しまれる作品って貴重ですよね。

主人公・あさりの嫌いなモノといえば、ニンジン(ちなみに姉のタタミはピーマン、ママは白いアスパラガスが嫌い、という設定)。実は私も、ニンジンがわりと苦手……。子どものころは、あさりが毎回ニンジンと格闘するシーンを見ては、激しくシンパシーを抱いたもんです。大人になって多少食べられるようになりましたが、積極的には食べない野菜、という位置づけ。

ニンジンカレーは、主にあさりが悪さをした際、ママのお仕置き的に発動される料理です。ニンジンがゴロゴロ入っていて、見た目は真っ赤。子どもが大好きなカレーの夕飯が、地獄の時間と化す恐ろしい一品です。

単行本のなかでも何度も登場しますが、60巻のおまけページで、作者の室山先生が作り方を詳しく説明しています。やっと明かされるニンジンカレーの謎……! それによると、
・ルーは市販のものでOK。
・ニンジンは大きめの乱切りにし、少なくとも3本は入れる(多ければ多いほどよい)
・肉とジャガイモは少なめ

……という特徴があるよう。土台はわりとオーソドックスで、ニンジンががっつり入ったカレー、という感じでしょうか。今回はさらにニンジン感を出すために、
・すりおろしたニンジンをベースに使う
・ニンジンのグラッセ(これもお仕置き料理としてよく出てきます)をトッピングする


というアレンジをプラスして、再現してみることにしました。自分もニンジン嫌いだからこそ、実際に食べればあさりの気持ちがわかるかもしれない! ……って、誰の得にもならなさそうな思惑だ。

材料
材料(5人分):
・ニンジン5~6本 ・玉ねぎ1~2個 ・ジャガイモ1個 ・肉(牛でも豚でも)100g ・お好みのカレールー
せっかくなので、泥付きの有機ニンジンを入手。苦手なものだからこそ、少しでも美味しく……という悪あがき。

ニンジンをすりおろす ざく切りニンジン
作り方(カレー):
1.ニンジンは2本分をすりおろします。
2.残りのニンジンは大きめの乱切りにし、半分はグラッセ用に分けておきます。(後から気付いたけど、ニンジンの角を面取りしたほうが、丸みのあるマンガのビジュアルに近くなったかも)

たまねぎ、じゃがいも 玉ねぎを炒める
3.玉ねぎはみじん切り、ジャガイモは一口大に乱切りにします。
4.鍋にサラダ油を熱して、玉ねぎをしんなりするまで炒めます。

ニンジンを炒める 肉を投入
5.すりおろした人参も追加し、さらによく炒めます。
6.鍋に肉を入れて色が変わるまで炒め、乱切りしたニンジン追加します。

水
7.鍋に水を入れ、アクをとりつつ、20分ほど煮込みます。

じゃがいも カレールー
8.ここでジャガイモを入れ、火を止めてカレールーを入れます。

煮込む
9.ジャガイモが柔らかくなるまで煮込んだら完成。

お次は、トッピング用のグラッセ。

グラッセ グラッセ2
作り方(グラッセ):
1.鍋に水、コンソメキューブ、バター、砂糖、塩少々を入れて煮立たせ、残りのニンジンの乱切りを入れます。
2.コゲないように注意しながら、煮汁が少なくなるまで煮詰めたら完成。

皿にご飯とカレーを盛り、グラッセをトッピングして出来上がり。

あさりちゃん ニンジンカレー
岩のようにニンジンがゴロゴロと入っていて、見た目はまさにニンジン地獄……! うー、これを出されたあさりの絶望的な気持ちが痛いほどわかります。でも大人なので、ちゃんと食べるよ!

あさりちゃん ニンジンカレー
食べた感想:
見た目の通り、掘っても掘ってもニンジン。食べても食べてもニンジン(なかなか減らない……)。
ただ、カレーのスパイスのおかげで、ニンジンの独特の匂い気にならず、思ったよりも食べやすいです。さらに意外だったのが、辛口のルーで仕上げたはずなのに、食べてみると甘くてまろやかなカレーになったこと。大量に入れたニンジンが、辛さを抑えてくれたのかもしれない。

たべきった
格闘しつつ、なんとか完食。あわよくばこれでニンジン嫌いも克服できるか……?と思いましたが、そこはやっぱり別問題。しばらく、ニンジンは見たくありません……。

このエントリーをはてなブックマークに追加