夏野菜カレーとアボカドとトマトのわさびじょうゆあえ

「きのう何食べた?」より
※【コマ引用】モーニング「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より
今週のモーニングの「きのう何食べた?」がカレーのレシピで、「ついにきたか!」と思った方も多いのでは。老若男女が好きな国民食のカレーは、料理マンガが避けては通れないメニューのひとつ。

シロさんがカレーを作るとしたら、どんな感じになるんだろう……とずっと気になってましたが、今回登場したのは、この時期ぴったりの夏野菜がたっぷり入ったカレーでした。

ちなみにメインのエピソードは、「相性の悪いレジの店員さん」の話。詳しい内容はネタバレになるので省略しますが、スーパーやコンビニをよく利用する人なら「あー、あるある」と思わずうなずく内容でした。昔よく通ったスーパーには「レジ五段」とひそかに呼んでいた店員さんがいて、スピードも愛想も本当にすばらしく、混んでてもそのレジを選んで並んだなー、なんてことも思い出した。

玉ねぎ 玉ねぎ2
今回のレシピのポイントは、玉ねぎの炒め方。最初は強火でジャーッと炒めて、しんなりしたら火を弱め、鍋は基本放置で「時々かき混ぜる」程度に見守ること。その間の時間を利用して、ほかの野菜をちゃちゃっと切ってしまうこと。これで手早く、効率よくキツネ色の玉ねぎが完成しました。
(今までは昔のシロさんと同じく、鍋に付きっきり状態だったので、玉ねぎだけでエラい時間がかかってしまってた)

野菜投入
肉は今回、豚ひき肉を使ってました(キーマカレー風?)。これに夏野菜(ナス、インゲン、パプリカ)をどっさり入れて炒めます。な、鍋が野菜であふれそう……。
2つめのポイントは、「隠し味」の数々。

はちみつ 味噌
ウスターソース カレー粉

カレーは何もアレンジしない方がウマい
と言われてますが、カレー鍋を見ると色々「隠し味」を施したくなるのが人の性。シロさんもはちみつに味噌、ソースなど少量ずつ加えてます。使う調味料は気分によって違うので、毎回「一期一会なカレー」が出来上がるそう。これ、わかるなあ。うちも毎回カレーの味って安定しません。

オクラ
ナスに火が通ったら火を止め、ルーを入れて煮込み、仕上げにオクラを入れて完成。

ナスにインゲン、パプリカ、オクラ……と、具の色も鮮やか。
夏野菜カレー
夏野菜のカレー:
とにかく野菜がたっぷり!で、ルーにもインゲンやパプリカの風味が染みてます。仕上げに入れて煮込んだオクラのせいもあって、全体的にとろりとした感じ。ルーを少なめにして、さらっとしたカレーにしてもよかったかも。これで2日目以降に、カレーうどんを作っても美味しいだろうなあ。うむ、やってみよう。

アボカドとトマトのわさびじょうゆあえ

アボカドとトマト
アボカドとトマトのわさびじょうゆ:
今回の副菜はこれ。一口大に切ったアボカドとトマトを、わさび&醤油&レモン&砂糖のドレッシングであえ、おかかをのせたもの。
この組み合わせでまずかろうはずが、ぬ!!(by.天食) わさびがピリっときいてて、単なるサラダというより、そのままお酒のつまみにもなります。
カレーが出たとなると、次は何かなあ。いきなり蕎麦打ちとか、自作ラーメンとか、ややこしい方向に目覚めるシロさんも見てみたい気がしますw

このエントリーをはてなブックマークに追加