スモア

「女の子の食卓」5巻より
※【コマ引用】「女の子の食卓」(志村志保子/集英社)5巻より
「女の子の食卓」5巻に出てくる、スモアを作ってみました。
グラハムクラッカーにチョコと焼いたマシュマロをはさんだ、アメリカのバーベキューの定番デザート。「Some more(サムモア=もっと)」が縮んで「スモア」になった、という名前のとおり、一つ食べると手が止まらない美味しさらしい。

とろけるように甘そうなお菓子ですが、作中のエピソードはちょっとほろ苦いものです。派遣先の妻子持ちの上司と、不倫してしまった女の子の話。会社の親睦会のバーベキューでその奥さんと鉢合わせ、内心ビクビク。そこでこのスモアを食べ、「もっと食べたい」と手を伸ばしかけたところ、奥さんは「やめた方がいいかも」と彼女を制止します。その意味深な発言の真意は……?

材料
材料:
用意するのは上に書いたとおり、グラハムクラッカーと板チョコ、マシュマロの3つのみ。グラハムクラッカーは全粒粉入りの甘いクラッカーで、砕いてケーキの土台に使われることも多いようです。
マシュマロは、大きめサイズがおすすめ。

チョコ
作り方:
グラハムクラッカー(長方形のものは、半分に割る)の上に、板チョコのかけらを乗せます。チョコは溶けやすいように、室温で軟らかめに戻しておくといいかも。

マシュマロあぶる 焼いたマシュマロ
マシュマロをフォークなどに刺して、コンロの火であぶります。火に近いとすぐ焦げるので、高さのあるところからじっくりあぶったほうがよさそう。軽く焼き目がついて、中心がトロっとしてきたらOKです。

はさむ
焼いたマシュマロを板チョコの上にのせ、もう一枚のクラッカーではさんでギュっとつぶしたら出来上がり。

マシュマロがつぶれて、生クリームみたいな見た目に。
スモア

スモア
食べた感想:
溶けたマシュマロは、綿菓子のようなメレンゲのような食感。サクサク香ばしいクラッカーと、とろけたチョコの組み合わせは、歯に染みるほど甘いーー! でもうまいー。

マシュマロは冷めると粘着度が増して手にベタベタひっつくので、熱々のうちにすぐ食べるのがいいかも。アウトドアで食べると開放感もあって、余計に美味しいだろうなあ、と思えるデザートでした(でもBBQで肉食べた後だと、胃がもたれそうだ……アメリカ人、おそるべし)。

このエントリーをはてなブックマークに追加