アッラ・アマトリチャーナ

「パスタの王国」より
※【コマ引用】:「パスタの王国」(中祥人/日本文芸社)より
再び「パスタの王国」から、第一話に登場するアッラ・アマトリチャーナを作ってみました。前回のギネスパスタみたいな創作系もありますが、こういうイタリアの定番的パスタもいくつか紹介されてます。

父親の店の名物・ナポリタンを見て「本場イタリアにはナポリタンなんて料理はない」と言い放ったケン。ただ、このアッラ・アマトリチャーナが一番それに近いということで、早速本場で修行した成果を披露します。

(ちなみにナポリタンが日本で定着した経緯も、調べるとなかなか面白い。日本って他国の料理を取り込んで、ガラパゴス進化させるのが得意だなーと実感)

「パスタの王国」より
第一話はパスタの基本的な茹で方から解説されてて、イタリアン素人の私には勉強になります。
なかでもびっくりしたのは、パスタを茹でる際に、沸騰した湯にオリーブオイルを足すこと。こうすることで、お湯の沸点が高くなり、茹で上がりの味に違いが出るらしい。ほほーー。
※【コマ引用】:「パスタの王国」(中祥人/日本文芸社)より

パスタをゆでる
作り方:
というわけで早速トライ。
「パスタの王国」では巻末のレシピで、使用するロングパスタのサイズも掲載されてるんですが、今回は1.8mmの「スパゲッティ」を使います。普段は細めの1.4mm~1.6mm(「スパゲッティーニ」というらしい)をよく使うので、比較すると「ごんぶと」感があります。

大鍋にたっぷり湯を沸かして塩を入れ、パスタを投入後、オリーブオイルを足して茹でます。

にんにく、唐辛子
ゆで時間の間に、フライパンにオリーブオイルを入れて潰したニンニクと唐辛子を入れ、それから弱火にかけます(この順番が大事らしい)。
唐辛子は、2人前で2~3本入れるとピリ辛程度になります。

パンチェッタ ワイン
オイルに香りがうつったら、パンチェッタを入れてカリカリになるまで炒めます。
玉ねぎのみじん切りを入れて軽く炒め、白ワイン少々を入れアルコールを飛ばします。

ソース パスタ投入
ホールトマト缶をジュースごと入れて潰しつつ煮詰め、塩コショウで調えてソースは完成。
アルデンテに茹で上がったパスタをソースに手早く絡めます。

チーズ
仕上げにおろしたペコリーノチーズ、パルミジャーノチーズを振り(なければ粉チーズでいいかと)、パセリのみじん切りと黒コショウを散らして完成。

赤、緑、白の配色は、食欲そそる鉄板の組み合わせ(イタリア国旗って、世界一美味しそうな旗だと思う)。

アッラ・アマトリチャーナ
食べた感想:
ピリ辛トマトに、ニンニクの香りとパンチェッタの塩気、これが太目のパスタに絡んでうまーい。今まで自己流で似たようなソースのパスタを作ったことはあったんですが、酸っぱ辛いだけの味になっちゃってたので、ちゃんと作ればこんなに美味しくなるんだ、と感動。シンプルな分、ちょっとしたコツで差が出るものなのかもなー、と思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加