イマム・バユルドゥ

「トルコで私も考えた 21世紀編」より
でっかいナスが安く出回る季節になったら絶対作ったるーー、と意気込んでたのが、この料理。高橋由佳利先生の「トルコで私も考えた」に出てくる、イマム・バユルドゥ(Imam Bayildi)です。
※【コマ引用】「トルコで私も考えた 21世紀編」(高橋由佳利/集英社)より

ナスを使ったトルコの冷菜ですが、「イマム」とはイスラム教の高僧、「バユルドゥ」は叫ぶ・気絶する、という意味らしい。つまり「イマムでさえうまいと叫んで気絶した」、という名前の料理。
(スウェーデン料理の「ヤンソンの誘惑」、中華料理の「佛跳牆」と並んで、三大坊さん錯乱料理とよびたい)

高橋先生は初めてトルコのレストランでこれを食べて、あまりのうまさに驚愕したらしいので、実際に名前負けしない味なんだろうなー、とあこがれてました。「21世紀編」のなかで、詳しいレシピが紹介されているので、チャレンジしてみます。

茄子を縞々に切る 茄子のお腹をさく
作り方:
ナス(なるべく大きくて太ったもの)はヘタをとって、皮をシマシマにむきます(ピーラーだとやりやすい)。その後、ナスの縦半分を切り離してしまわないように、包丁で切り目を入れます。

茄子を揚げる 揚げた茄子
ナスが半分くらいつかる程度の油で、きつね色になるまで揚げます(ナスに水分が残ってると油がハネるので、よく水をふきとってから)。もったいないのでサラダ油で揚げたけど、本場ではやっぱりオリーブオイルを使うのかなー。

野菜をいためる
玉ねぎの薄切りをオリーブオイルで炒めます。その後、皮をむいてスライスしたトマト(固めのやつがいいかも)とニンニクのスライス、好みで青唐辛子の小口切りを加えてさらに炒め、塩で味付け。

煮る1 煮る2
炒めた野菜が冷めたら、揚げナスのお腹にたっぷりと詰めます。オリーブオイルと水、砂糖、塩を入れた鍋にナスを並べ、中火で煮ます。私は煮汁が半分以下になるくらいに、煮詰めました。

冷やす
器にナスを移して、冷蔵庫でよく冷やして完成。
仕上げに、縦半分に切った青唐辛子を飾ってもいいそうですが、あんまり辛くなるのも苦手なので、今回はパセリをのせてみた。

イマム・バユルドゥ

付け合わせは、同じくトルコ料理のピラフ。

イマム・バユルドゥ
食べた感想:
お坊さんが錯乱する料理に、ハズれなし!! の一言。
揚げたナスは果肉がトロっとしててコクと甘みがあって、そこにさっぱり冷えた野菜がのっかって、食欲がない暑い日も進む味。食べる前にEXオリーブオイルを少したらすと、香りがたってさらに美味しかった。ナス好きには、太鼓判を押したい冷菜です。

同じエピソード中に、「カルヌヤルク」という、ナスにひき肉を詰めた温菜レシピも紹介されているので、これも近いうちに作ってみたいなー。

このエントリーをはてなブックマークに追加