広東粥 沈夫人の料理店 全4巻で完結した「沈夫人の料理人」の続編、「沈夫人の料理店」。前作の明朝時代から1920年代の中国に舞台を変えつつ、今作も美しい沈夫人と下僕体質の料理人・李三の、美食を通じた精神的SMをじっくり楽しめますw(使用人の愛蓮や、李三の兄もそのまま登場!) 「沈夫人の料理店」1巻より ※【コマ引用】:「沈夫人の料理店」(深巳琳子/小学館)1巻より 私みたいな素人には一生作れなさそうな、難易度ウルトラCクラスの本格中華ばかり出てくるシリーズですが、今回も比較的再現しやすそうなメニューを見つけました。第1話に登場する、広東粥です。 閑古鳥が鳴く李三の屋台にたまたま立ち寄り、そこでこの粥を食べた沈夫人はあまりの美味しさに驚愕。才能を見いだしつつ、持ち前の洞察力で彼の素性をぴしゃりと当て、すっかり李三から「特別なお方」と心酔されることに。 流行らない店をどうすればいいか、というワラにもすがるような彼の問いに対し、 「けっして粥の味を変えてはならない」 と、命じる夫人。 この言いつけを頑なに守り、李三は塩辛いものを好む労働者のお客からの文句にも耐えます。うーん、早速調教プレイが始まってる感じですね。 しかし前作が無邪気な少女だとしたら、今作の夫人はマダムの貫禄たっぷり。その分、ちょっと性格も優しめかも? お仕置きで指切ったりはしなさそうですw 米 作り方: 米は洗ってから水気をよく切り、乾いたら新聞紙の上などに広げ、室温で乾燥させます。一晩置くと、手でポロポロ潰れるくらいになります。 米 米 ヒビ割れるまでいかない場合は、包丁で切るように米粒を割ります。今回はマッシャーでぐりぐりと潰して仕上げました。 米 ごま油 粥 潰した米にごま油を少々たらし、よく混ぜて馴染ませます。 米を馴染ませている間に、鍋いっぱいに湯を沸かし(米の10~12倍くらい)ます。 沸騰したら米を入れ、強火のままフタをせず、底がこげないように時々ヘラで混ぜながら煮立たせます。 粥 15~20分程度経つと、白くにごったとろみのある状態になります。このまま火を弱めて30分ほど煮込んだらベースとなる粥は完成。 ひき肉 味付け 煮込んでいる間に、ひき肉(今回は豚。念のため酒と塩で味付けして炒めました)、みじん切りしたネギとショウガを用意します。 粥に具を加え、塩、醤油、紹興酒、胡椒、各少々で味付けします(あくまでも薄味で)。 卵 ピータン 粥を椀によそい、溶き卵(卵半個分くらい)を加え、2~3分蒸らします。 トッピングに、お好みでピータンや香菜、ザーサイなど用意します。 出来上がりはこちら。 広東粥 沈夫人の料理店 粥が重いせいか、卵と分離しちゃってあまりうまく蒸らせなかったかも。 広東粥 食べた感想: ひき肉や薬味でしっかり風味がついた粥は、お腹にたまるスープのようで、ちゃんと一食になりえる食べ応え。病人食のイメージの強い日本のお粥とは、ほんとに別物なんだなー。あっさりした味付けの分、飽きがこないので、鍋いっぱい作ったはずなのに1日で完食してしまった。 「料理店」編は時代が近代に移った分、作りやすそうな料理も出てくるかな? そんな淡い期待をしつつ、2巻を待ちたいと思います。