RIMG0316.jpg

花輪和一氏が実体験した“ムショ暮らし”を、緻密な絵とシニカルな視点で描いた「刑務所の中」。囚人が獄中でおせちを賭けて旨いもの語りする「極道めし」のルーツは、この作品にあるかな?と勝手に想像してるんですが、どうなんでしょうか。

麦飯にしょうゆ、春雨スープ、アルフォートとコーラ……不謹慎にも思わず「おいしそーー」と思ってしまうムショ飯の描写は数あれど、なんと言ってもスゴイのはパン食の話。

koma2.gif
※【コマ引用】「刑務所の中」(花輪和一/青林工芸舎)より

セパレートの食器に、フルーツカクテル、小倉小豆、マーガリンが盛られたパンつきの昼食です。これを食べるシーンがまた強烈。

あまりにもうまいものを食うと脳が…
こんなうまいものを食ったのは生まれて初めてだ


koma4.gif
※【コマ引用】「刑務所の中」(花輪和一/青林工芸舎)より

甘いものに飢えてるとはいえ、脳が溶けるくらい幸福感に包まれる、というのは尋常じゃありません。
こちらのサイト(※「岩井の本棚」さん。ファンです(*´ェ`*))でも詳しく紹介されてます。

で、長い前置きですが、今回はこれを再現してみました。平日の朝(出勤前)に、いそいそとムショ飯を再現するって……と、なんか不謹慎さに疑問を抱きそうになりましたが、このまま進みます。

RIMG0322.jpg
食器はセパレートタイプを持ってないので、100均ショップでステンレスの皿を組み合わせてみました。なんとなく雰囲気出てるかな(どっちかというと給食っぽいか)。

さて、まずはフルーツカクテル。ミックスフルーツの缶詰に、「さいの目に切ったリンゴ」を混ぜるだけ(リンゴ入りの缶詰って、そういえば見かけないなあ)。
お次は小倉小豆。これもあずき缶を開けるだけです。横にはマーガリンを添えて、次のステップへ。

マーガリンと小豆をまぜると また味がひとしお増す という者もいる


はいはい、かき混ぜますよ~。
RIMG0335.jpg RIMG0336.jpg
これをパンにはさんで食べると……って、何てことはない、小倉マーガリンのパンなんですが(・Θ・;)
でも漫画のなかでは、危険を冒して隠れ食いする囚人も出てくるほど、「大の男も勝てない」魅力の食べ物として描かれてるんですよね。そんなシーンに思いをはせつつ読むと、妙に美味しく感じられるから不思議です。

このエントリーをはてなブックマークに追加