ライ麦パンのサンドイッチ

「女の子の食卓」1巻より
※【コマ引用】「女の子の食卓」(志村志保子/集英社)1巻より
「女の子の食卓」1巻に登場する、ライ麦100%のライ麦パンのサンドイッチを作ってみました。
恋愛に限らず、さまざまなエピソードが収録されている作品ですが、このライ麦パンの話は、上京したばかりの女の子が主人公。初めての一人暮らしで、バイト先にもまだなじめない日々。そんなとき、アパートの隣に住む無愛想な青年が働くパン屋で、100%ライ麦のライ麦パンを見つけます。

好奇心から買ったこのパンでサンドイッチを作り、これがきっかけで職場の仲間と初めて打ち解けた彼女。
あの人のパンのおかげだ
と、パン屋の青年にほのかに恋心を抱くようになりますが、結末は――。ライ麦パンのように「人生は甘くない」ことを教えてくれるビターな内容で、お気に入りの一篇。

「女の子の食卓」1巻より
※【コマ引用】「女の子の食卓」(志村志保子/集英社)1巻より
しかし「ライ麦配合パン」は普通のパン屋さんでもよく見るけど、ライ麦100%のパンはなかなか見つかりません。しかもライ麦系のパンはいくつか種類があるらしく、作中で登場するのは「ロッゲンフォルコンブロート(Roggenvollkornbrot)」というもの。どうやら、ドイツ系のパンのようです。

リンデ リンデ
そこで思い出したのが、吉祥寺にある「リンデ」というドイツ系のベーカリー(通販もあるようです)。そこなら売ってるかも……と期待して覗いてみたら、目論見通りありました! このお店はほかにもドイツ系のパンやお菓子がたくさんあって、見てるだけでも楽しい。仏ブーランジェリー系の華やかなパンと違って、ドイツのはズッシリ、どっしりした質実剛健な印象。

ライ麦パンのサンドイッチ ライ麦パンのサンドイッチ
早速家に持って帰って、サンドイッチを作成。ロッゲンフォルコンブロート(舌噛みそう)は食パンより一回り小さいながら、穀物がみっしり詰まってて重量感あります(パンというより、パウンドケーキみたい)。これをなるべく薄く(3~4ミリくらい?)スライスします。

ライ麦パンのサンドイッチ ライ麦パンのサンドイッチ
片面に無塩バターを塗り、スライスチーズをハムをはさんだら完成。

ライ麦パンのサンドイッチ
食べた感想:
パンと具のサイズが合わなくて、はみ出しまくりですが……。

久しく食べてなかったから忘れてたけど、100%のライ麦パンってほんとに酸っぱい! そして、混じりっけなしの穀物そのものの味がする。ここにハムとチーズが組み合わせると、マイルドになって食べやすいです。

こんなに薄くてお腹足りるかな?と不安だったんですが、みっしりしているせいか、意外と腹持ちがいい。ハム・チーズ以外にも、お店の説明書に書いてた、はちみつやクリームチーズをはさんでも、おやつっぽくてなかなかいけるかも。あと飲み物は、ブラックコーヒーより甘い紅茶が個人的にベストでした。

作中の主人公のように、人生では甘くないものだって食べていく覚悟が必要。でも酸っぱいライ麦パンには、甘いものが必要かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加