キノコとチーズのリゾット

数日前に土鍋でご飯を炊いた際、ぼーっとしてたようで水加減を1合分間違えてしまい……。カッチカチのご飯が炊きあがってしまいました(涙
米の芯が残って、とてもじゃないがそのままでは食べられないシロモノに。おかゆにして消費するしかないかな?……いや、そんなに連日粥は食えないよ! と途方に暮れかけところ。

「のだめカンタービレ」5巻より
※【コマ引用】:「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子/講談社)5巻より
リゾットならこの芯が残った食感を生かせるかも? と思い立ち、「のだめカンタービレ」5巻に出てくる、千秋特製のキノコとチーズのリゾットに変身させることにしました(転んでもただでは起きない貧乏ハングリー精神)。

千秋の弾くラフマニノフのコンチェルトを聴き、ショックを受けたのだめ。飲まず食わず風呂に入らずでピアノに向かい、廃人寸前になった彼女に千秋が作ったのが、このリゾットです。
最初は嫌々餌付けしてたのに、ここではわりとオカン的にのだめの世話を焼いてるのがかわいい。

キノコとチーズのリゾット キノコとチーズのリゾット

作り方:
※レシピは載ってないので、想像で再現します(これもどこかに正式なレシピあったりするのかな?)
本場のリゾットは生米から炒めて作りますが、今回は問題のカチカチ米を使います。4人前のリゾットに対し、お茶碗3杯分くらい。
そのほかの材料は、牛乳、生クリーム、バター、玉ねぎ、キノコ、パルミジャーノチーズ、白ワイン。
キノコはセレブな千秋様のことだから、ボルチーニ茸とか使っちゃうのかしら……と一瞬思ったけど、のだめの餌付けにそこまでしないか。今回は、エリンギとブラウンマッシュルームをミックスして使うことにします。

キノコとチーズのリゾット
エリンギとマッシュルーム、玉ねぎをみじん切りします。

キノコとチーズのリゾット キノコとチーズのリゾット
フライパンにバターを熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒めたら、キノコを投入してさらに炒めます。ここで白ワイン少々も振ります。

キノコとチーズのリゾット キノコとチーズのリゾット
生クリームと牛乳を半量ずつ入れて、煮立ったらご飯を入れ、ときどき混ぜ返しながら煮詰めます。

キノコとチーズのリゾット
パルミジャーノチーズ(なければ粉チーズ)をたっぷりすり下ろして混ぜ、塩コショウで味を調えます。

キノコとチーズのリゾット

リゾットを皿に盛り、食べる直前にさらにチーズをすりおろして出来上がり。

キノコとチーズのリゾット
食べた感想:
キノコの香りとチーズのコクがクリームリゾットに絡んで、こってりうまい!
さすがに生米で作るよりは軟らかめに仕上がったけど、それでも米の歯ごたえが残って、なかなか満足なリゾットになりました(今度はちゃんと生米から作ってみよう)。

でもふと思ったけど、絶食状態ののだめにアルデンテのリゾットは消化が悪そうだから、もしかしたら千秋はもっと軟らく仕上げたかもしれないですね。西洋風おかゆ的な感じで(……と勝手な想像)。

後日、まだまだ残ってるカッチカチ米で、「おせん」の“だまこもち”も作ってみたので、またご紹介しますー。