きりきり亭主人 アーリオオーリオ レモンソース バーニャカウダ

きくち正太先生が描く、もうひとつの日本文化啓蒙漫画。「きりきり亭のぶら雲先生」として刊行されてましたが、中断を経て「きりきり亭主人」として再スタートした作品です。

「おせん」とテーマは似てるし、美味しそうな料理がたくさん登場するところも共通してますが、こっちのほうがエロネタ下ネタが目立つのが特徴w でもカラっと明るい艶笑譚的な雰囲気は、人情話がメインの「おせん」とまた違った魅力。

「きりきり亭主人」1巻より
「きりきり亭主人」1巻では、ぶら雲先生ご一行がなんとイタリアに遠征。小夜の彼氏・ボッキーニョ(このネーミング……)の家でご馳走になったのが、「スパゲッティ・アーリオオーリオ・アッラ・レモンソース」。
※【コマ引用】:「きりきり亭主人」(きくち正太/日本文芸社)1巻より

のだめの呪文料理を思い出すややこしい名前ですが、アーリオオーリオはにんにくとオリーブオイルのこと。つまりレモン風味のペペロンチーノ風パスタらしいです。

ボッキーニョ家の奥様・シモネッタさん(だからこのネーミングは……)の出身地、南イタリア名物のレモンをたっぷり絞って作る一品。

きくち正太先生作品は和食がメインで、洋食メニューはごくたまにしか登場しないんですが、だからこそ余計美味しそうに見えてしまう~。

レモン
作り方:
詳しいレシピはないので、以下は想像で再現。
にんにくはみじん切り。唐辛子は説明されてないので入れるか迷いましたが、ペペロンチーノ風、ってことでとりあえずみじん切りして追加することに。

レモンは2人分で1個使います。半分は飾り用に薄く輪切りし、残りは果汁を絞っておきます(酸っぱいのが好きな人は、1人分1個使っちゃってもいいかも)。

アーリオオーリオ レモンソース アーリオオーリオ レモンソース
フライパンにオリーブオイルを入れ、弱火でにんにくを香りが出るまで炒め、さらに唐辛子を入れて炒めます。
アルデンテに茹でたパスタをフライパンに入れ、さらにレモン果汁を投入し、よく絡ませます。塩コショウで仕上げしたら完成。

アーリオオーリオ レモンソース
食べた感想:
ニンニクと唐辛子がきいたパスタに、レモンの酸味が加わって美味しい! ペペロンチーノはシンプルな分、たくさん食べると途中で飽きちゃうんですが、これならさっぱりしていくらでも食べられる勢い。私がレモン好きなこともあって、すごく好みの味でした。



「きりきり亭主人」1巻より
パスタのほかに食卓に並ぶのが、バーニャカウダとグラーナパダーノの薄造り。これも一緒に再現してみることにします。
※【コマ引用】:「きりきり亭主人」(きくち正太/日本文芸社)1巻より

バーニャカウダ バーニャカウダ
バーニャカウダ:
バーニャカウダは生クリームでクリーミーに仕上げるレシピもありますが、作中の説明からすると、にんにく、アンチョビ、オリーブオイルのみのシンプルなもののようです。
にんにくとアンチョビは、細かーーーくみじん切りに。
厚手の鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくとアンチョビを投入。沸騰しない程度にグラグラと弱火で煮ます。

バーニャカウダは温かいうちにソース用の器に入れ、セロリにルッコラ、ズッキーニなどお好みの野菜を切って盛りつけます。
バーニャカウダ

バーニャカウダ
食べた感想:
ソースが温かい分、にんにくとアンチョビの香りが際だちます。冷たい野菜との温度差が、また美味しい!
ワインと一緒に食べ出すと手が止まらない、おそろしいつまみです……。個人的には茹でた新ジャガとの相性が最高でした。冷めると美味しさ半減なので、時間が経ったらソースは温め直すのがおすすめです。

パルミジャーノ 
パルミジャーノ
グラーノパダーノの薄造り:
これも酒飲み泣かせなつまみ!
グラーノパダーノは、パダーノ地方特産のハードタイプのチーズ(「グラナパダーノ」と呼ぶ方が一般的かも)。これを薄ーく切って、おつまみにするそうです。
残念なことに、スーパーをまわっても見つからなかったので、味も製法もよく似てるというパルミジャーノで代用しました。
パルミジャーノの表面を、スライサーで薄くそいでいきます。

パルミジャーノ
食べた感想:
パルミジャーノはすりおろしてパスタのトッピングに使うことが多かったんですが、そのまま食べてもこんなに美味しかったのか。特有の「くさ美味さ」がたまりません。これも止めるタイミングがわからない、おそろしい(カロリー的に)つまみ……。

今回は白ワインに合わせましたが、ぶら雲先生いわく「スパークリングワインの肴のMVP」だそうです。うぎゃー、そんなこと言われたらまた飲み直したくなってしまう!!