チューダー まんが道

「まんが道」(藤子不二雄A)より
※【コマ引用】「愛蔵版 まんが道」(藤子不二雄A/中央公論社)3巻より
藤子A先生の「まんが道」には印象的なメニューがたくさん登場しますが、その多くはテラさん考案のもの。以前も書きましたが、テラさんはトキワ荘きっての頼れるリーダーで、文武両道のナイスガイ、もう“テラ・ザ・グレート”とお呼びしたいくらいのカリスマ的先輩です。私の中では、あらゆる漫画のなかのNo.1イケメンとして現在君臨中。

彼が満賀と才野の二人に教えた食べ物は、フランスパンのメンチカツはさみに、松葉のラーメン、キャベツの味噌汁、それからこのチューダー。

焼酎をサイダーで割って作るから、チューダー。なんともシンプルなネーミングですが、ストーリーのなかで何度か登場するので、妙に美味しそうに見えるんですよね。
テラさんに勧められて初めて飲んだ満賀君が、「きくー!」と言いながら目を回してるシーンもかわいいw

チューダー まんが道
作り方:
……って説明するほどでもないですが、とりあえず用意するのは焼酎とサイダー。銘柄は特に指定ありませんが、下町のナポレオンこと「いいちこ」と、三ツ矢サイダーにしてみた。サイダーはほんとは古き良きビン入りがよかったんだけど、あいにく缶しか見つかりませんでした。

チューダー まんが道 チューダー まんが道
分量はお好みですが、今回は焼酎1:サイダー3の割合で。

チューダー まんが道
軽く混ぜて、できあがり。今ではあんまり飲まなくなったサイダーの懐かしい香りがします。

「まんが道」(藤子不二雄A)より
※【コマ引用】「愛蔵版 まんが道」(藤子不二雄A/中央公論社)4巻より
このチューダー片手に開催されるのが、トキワ荘名物(?)の「チューダー・パーティ」。朗報があったときも、悲報があったときも、これさえあればゴキゲンになれるのさ的なドリンクなのです。

自宅でやるときは、テラさんと満賀・才野の
くよくよしないで、今夜はひとつパーッとチューダー・パーティーをやろう!
ワーイ! やりましょう!やりましょう!
のやりとりを、ぜひ合い言葉にどうぞw レッツパーリー!イエア!(超意訳)

「まんが道」(藤子不二雄A)より
※【コマ引用】「愛蔵版 まんが道」(藤子不二雄A/中央公論社)4巻より
ちなみにチューダー・パーティになくてはならないのが、以下の3つのおつまみ。
・キャベツいため
・マグロフレーク
・サケ缶

調理法は、炒めて、缶開けるだけ。いいなあ、この飾らないつまみ構成! しかしテラさんはほんとにキャベツ好きだな。

チューダー まんが道
サケはイラストから判断して中骨缶、マグロはシーチキンじゃつまみっぽくないよなあ、ということで醤油風味のフレークを用意しました。あとはキャベツを塩コショウでいためれば完成。

チューダー まんが道
食べた感想:
チューダーは普通のチューハイよりも甘めで飲みやすく、ラムネっぽい爽やかな味でハマります。お酒が苦手な人でも、とっつきやすいかも。夏場は余計に美味しく感じそうです。このちょっとチープな味わいが、炒めただけのキャベツや缶詰のつまみと相性いいです。

最近は居酒屋行っても何かとコジャレたつまみが多いですが、たまにはこんなメニューで「飲みってのは、酒とアテがあればええんじゃあ!」と酒飲みの原点に立ち返ってもいいかもしれませんw

そういえば「食漫」で連載中の久住昌之先生のエッセイでも、チューダーが紹介されてました! 久住先生が書くと、いかにも男の飲みメニューって感じでいいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加