「きのう何食べた?」(よしながふみ 手羽先と大根の煮込み

「きのう何食べた?」(よしながふみ)より
※【コマ引用】:「モーニング」1月11日号(No.4・5)「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より
またもや冷蔵庫の余り野菜で、「きのう何食べた?」の献立が再現できそうだったので、つくってみました。

・手羽先と大根の煮込み
・長ネギのコンソメ煮
・にら納豆
・さつまいもと油あげのみそ汁


の4品。1月(12月だったかも?)の「モーニング」に掲載されたエピソードなので、冬っぽいメニューになってます。いつか作ろうと思って、ページをスクラップしてたのでした。「きのう何食べた?」はコミック版も持ってるけど、汚れがつくのが気になるし、料理するときは雑誌の切り抜きのほうが扱いやすいんですよね。

「きのう何食べた?」(よしながふみ)手羽先と大根の煮込み 「きのう何食べた?」(よしながふみ)手羽先と大根の煮込み
手羽先と大根の煮込み:
厚手の鍋にサラダ油を引き、手羽先を両面こんがりと焼きます。
ところで作中では、合計12本(!)も手羽を使ってましたが、サイズが小さいやつなんだろうか。男性2人なら、それくらい食べちゃうもんなのかなあ……。うちはあんまり大きい鍋がないので、2人で4本くらいにしました。
手羽を一度取り出し、同じ鍋で大根を炒めます。最初は油が全体にまわるまでじっくり炒め、途中フタをしつつ半透明になるまで蒸し炒めます。

 「きのう何食べた?」(よしながふみ)手羽先と大根の煮込み 手羽先と大根の煮込み
大根が透明になってきたら、水と昆布一切れを加えて煮立たせ、アクをとります。その後酒、砂糖、醤油、みりんで味付けして煮汁がなくなるまで煮込みます。
煮汁がほとんどなくなって、照りが出てきたら火を止めます。皿に盛りつけ、上に茹でて刻んだ大根の茎葉をのせて完成。

手羽先と大根の煮込み
じっくり煮込んだおかげで、大根も手羽もトロトロ! 甘辛い味が染みこんでて、ご飯が進む……と言いたいとこだけど、個人的にはお酒だなこれは。手羽先って、お店で食べると周りの目が気になって本気出せないんだけど、自宅だと思う存分野獣のようにがっつけるのがうれしい(パスタもそう。家で箸使ってズルズル食べるのが一番ウマイ)。

「きのう何食べた?」(よしながふみ)長ネギのコンソメ煮 「きのう何食べた?」(よしながふみ) 長ネギのコンソメ煮
長ネギのコンソメ煮:
シロさんいわく、長ネギが安くて旨い時期に必ず作る定番惣菜らしい。ネギの白いとこだけでなく、青い部分も全部使う、というのが経済的でいいなあ。
作り方は、長ネギを4?5cmにざく切りし、鍋に水とコンソメキューブを入れて火にかけ、ネギがクタクタになるまでフタをして煮るだけ。仕上げに、からしマヨネーズと黒コショウをのっけます。

「きのう何食べた?」(よしながふみ) 長ネギのコンソメ煮
味付けはコンソメだけなのに、それだけとは思えない美味しさ。ネギの甘みに、からしマヨネーズがピリっと効いて、副菜にぴったりの一品でした。下仁田ネギなんかで作っても、トロっとして美味しいかも。作り置きして、冷やして食べてもいけるらしいです。


「きのう何食べた?」(よしながふみ) にら納豆
にら納豆:
茹でてざく切りしたニラと納豆をあえたもの。不思議な組み合わせだなあ、と思ってたんですが、食べてみるとこれが合う! ニラの臭さと納豆の臭さが、これほど相性いいなんて……。朝食というより夜に食べる納豆、という感じです。ちなみに納豆は、この時作ったやつですw

「きのう何食べた?」 さつまいもと油あげのみそ汁
さつまいもと油あげのみそ汁:
さつまいもの味噌汁は実家では定番の具材でした。が、家人が苦手で今は使わなくなってしまったので、久々に食べて懐かしかったです。おかずの箸休めに、甘いさつまいもの味がほっとするんですよね。

というわけで、無事献立コンプリート。しかし仕事帰りでも何とかパパっと作れちゃうのは、勤め人が主役のマンガならではだなあ、と実感しました(専業主婦が主役の「花と奥たん」の場合、同じ献立数でももっと時間がかかった気がする)。

このエントリーをはてなブックマークに追加