美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐

「美味しんぼ」22巻より
※【コマ引用】:「美味しんぼ」(雁屋哲/花咲アキラ/小学館)22巻より

前回の呉汁の残りで、「美味しんぼ」22巻の豆腐勝負に出てくる、汲み出し豆腐(コマ左)とザル豆腐(コマ右)を作ってみました。豆腐をテーマにした対決は32巻にも出てきますが、これは第一弾。

個人的には、数ある究極と至高のメニュー勝負のエピソードのなかでも、特にお気に入りの回。というのも、私の大好きな二木まり子嬢が大活躍しちゃうから!

「美味しんぼ」22巻より恋する山岡さんを勝たせたいがために、おチヨさんを使って海原雄山側のメニューをスパイしてしまう、という前代未聞の展開になるこの話。

至高側が「汲み出し豆腐」を出すことを突き止め、それを嬉々として
ね!やったでしょ!」と伝える二木さん。
なんちゅうことをしてくれたんや……!」的な山岡さんの表情に対し、
だって勝って欲しかったんだもん♪
と無邪気な答えがたまりません。んもう、まり子のスイーツ脳!
※【コマ引用】:「美味しんぼ」(雁屋哲/花咲アキラ/小学館)22巻より

これ以外にも、二木さんは山岡さんに猛烈アタックしたり、栗田さんに意地悪したり、団社長を「成金」と罵倒したり、「カレーは市販のルーに限る」とお嬢のくせに庶民的だったり、一時期やたらと活躍してた気がします。逆に彼女がいなくちゃ、山岡さんと栗田さんは、永遠にお互いの恋心に気付かなかった可能性もあるんで、やっぱ重要キャラだったわけです。「美味しんぼ」のなかで一、二を争う美人ですしね。

結婚後はすっかり見なくなっちゃったけど、元気でやってるんでしょうか……。

と、思わず二木さん萌えについて語ってしまいましたが、この回で登場する「汲み出し豆腐」と、それを超える料理として究極側が出した「ザル豆腐」、どちらも作中の描写がほんとに美味しそうなので、こちらも期待していそいそ挑戦。

美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐作り方:
漫画の中の説明と、ネットで調べた豆腐の作り方を参考にして進めます。

大豆のペーストの2?3倍の量のお湯を沸かし、そのなかにペーストを投入します。一度ふきこぼれる寸前まで沸騰させ、泡をこまめにすくいます。

美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐その後弱火にし、大豆の青臭さがなくなるまで(10分弱くらい)煮ます。

美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐ボウルの上にザル、さらにその上に布巾を敷き、大豆の煮汁を流し、よく絞ります。

美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐布巾の中に残ったのがおから、ボウルの汁が豆乳です。おからはこの後、白和えにするかお菓子に使うか、夢が広がる?。

美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐 美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐
豆乳は温度を70?75度くらいに調整した段階で、にがりを入れて軽く混ぜます。にがりは入れすぎると苦くなるらしいので、少しずつ入れて様子をみるのがいいかも。ぬるま湯で薄めてから入れると、全体に行き渡りやすいようです。

美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐 美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐
にがりを入れて数分すると、水分と大豆のタンパク質の固まりが分離してきます。豆腐はこの水分を切って固めたものですが、この分離した状態で汁ごと食べるのが「汲み出し豆腐」。
「美味しんぼ」22巻より豆腐店で出来たてを口にしたブラックさんと金城さんが「うおおお」「ああええ」と絶叫し、栗田さんが「豆腐の出来かけのはずなのに、出来上がった豆腐より美味しいっ!!」と驚くほどの味らしい。
※【コマ引用】:「美味しんぼ」(雁屋哲/花咲アキラ/小学館)22巻より

とりあえず私も出来たてをそのまま味見してみましたが、豆腐の部分はもちろん、汁の部分にも大豆の旨みが凝縮されてて、びっくりしました。確かに、豆腐になった状態とは別の美味しさがあります。

美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐これは期待できそう……という期待を胸に、豆腐につける各種調味料を準備します。生醤油、カツオと昆布ダシ、ポン酢、サンショウ味噌の4種類。サンショウ味噌は、山椒のみりん漬けをすりつぶし、味噌とあえて作りました。


まずは、お椀によそった汲み出し豆腐から。
美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐

美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐汲み出し豆腐:
最初に味見した感想のとおり、豆腐にも汁にも大豆の甘みと香りがしっかり感じられて、これは確かに豆腐の食べ方の極みかも。まだ生温かくてフルフルした豆腐の食感が、またウマイ! タレはどれも合いますが、個人的にはポン酢があっさりして美味しかった。


美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐

美味しんぼ 汲み出し豆腐とザル豆腐ザル豆腐:
これは汲み出し豆腐を、布巾を敷いたザルの上に5分放置して作るもの。余分な水分を切りつつ旨みはしっかり残るので、より豆腐らしい食感を楽しめる食べ方のようです。

この料理で見事、究極側は至高側に勝利しますが、確かに食べ比べるとこっちのほうが私も好み! 大豆の汁は独特で美味しいけど、どうしても飽きがきちゃうので、純粋に豆腐として楽しめるザル豆腐のほうが、食べやすい印象でした。こっちはサンショウ味噌がよくあって、おつまみにもぴったり。

普通の豆腐はここから成形するのにもう一手間かかるけど、途中過程で十分美味しい汲み出し豆腐&ザル豆腐の食べ方は、意外と家庭向けかもしれません。呉汁→汲み出し→ザル と3段階で楽しめるので、イソフラボンにまみれたい方はぜひチャレンジ!

※コマ画像:「美味しんぼ」22巻より


美味しんぼ (22) (ビッグコミックス)
美味しんぼ (22) (ビッグコミックス)
おすすめ平均
stars豆腐は奥が深い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「美味しんぼ」(雁屋哲/花咲アキラ)の再現料理一覧はこちら

banner_01.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加