天食 猫まんま 簡易みそ汁
先日発売された「SPA!」に「孤独のグルメ」の新作が掲載されましたね。いそいそ読んだら、案の定ペルー料理食べたくなってしまった(あの店行ってみたい!)。ゴローさんの食べっぷりも、相変わらずで安心しました。でも単行本としてまとまって出るには、まだまだ時間かかりそうだな。
といわけで原作の久住昌之先生つながりで、「天食」から久々にご飯作ってみました。

「おせん」の再現で購入した鰹節削り器ですが、その後も普段の食卓で想像以上に活躍してます。味噌汁やうどんつゆの出汁とったり、冷や奴にかけたり……。実は今まで、鰹節って特別好きってわけじゃなかったんですけどね。削り立てはほんとに美味しくて、見る目が変わりました。

「天食」の主人公、63衛門はカレーもまともに作れないくらいだけど、鰹節にはこだわりのある男。パックの鰹節は「筆ペンみたいなもん」と切り捨て、削り器で作る方を「硯で墨をする毛筆の世界」と言い切ります。

「天食」(泉昌之)より
※【コマ引用】:「天食」(泉昌之/晋遊舎)より
作中では、この鰹節を使った63衛門オススメの簡単料理が紹介されます。今回はそのなかから「猫まんま」と「簡易みそ汁」を作ってみます。
しかし同じ本格鰹節を使うメニューなのに、「おせん」と真逆の微妙なB級感が漂ってるのがいいな。

天食 鰹節 天食 鰹節

「天食」(泉昌之)より
※【コマ引用】:「天食」(泉昌之/晋遊舎)より
まずは鰹をたくさん削ります(余ったら鰹箱に残しとけば、あとで使えるので便利)。このとき、
削くべし!! 削くべし!! 無我節!!
と心の中で叫びながら削ると、気分が出ます(勇気のある人は実際に声に出してみればいいと思います ←投げやり)。

天食 簡易みそ汁
簡易みそ汁:
お椀に味噌と鰹節、ネギ少々を入れ、上から熱湯を注げば完成。これで市販のインスタントみそ汁よりも、ずっと美味しいものが出来るそう。

天食 簡易みそ汁
食べた感想:
確かに即席で作ったとは思えないほど、出汁がよくきいてる! 鰹節も具と一緒に食べる形になるんですが、これも違和感なくて美味しい。今回はネギだけでしたが、小さく切った豆腐とかワカメを入れてもいいかもしれない。

天食 猫まんま
猫まんま:
茶碗にご飯をよそって大量の鰹節をのせ、刻みネギ少々とと少量のマヨネーズ、醤油をかけます。

天食 猫まんま
そしてピビンバのごとくぐちゃぐちゃに混ぜていただきます。

食べた感想:
これはうまーーい! 今まで食べた鰹節ご飯とは比べものにならないかも……。やっぱり削り立ての風味と味の濃さのせいでしょうか。
しかし醤油だけでも十分なのに、ここでさらにマヨネーズを追加しちゃうのは「天食」ならでは。もちろんB級好きとしては、マヨ、超ウェルカム! 普通の猫まんまよりもコクが出て、美味しかったです(ただし、少量にとどめるのがポイントかも)。


このエントリーをはてなブックマークに追加