食キング 焼き鳥チャーハン

土山しげる先生といえば私の中では「極道めし」ですが、ふと手に取ったコンビニ廉価版の「食キング」を読んでみたら、これが面白かった。これまでもちらっと目にしたことはありましたが(なぜかラーメン屋に置いてる率が高い気がする)、通しで読むとその確信犯的なベタさにハマります。単行本は絶版ぽいので、古本かコンビニ版でコツコツ集めるしかないかしら……。

「食キング」(土山しげる)より
※【コマ引用】:「食キングスペシャル 朝食メニュー勝負編」(土山しげる/日本文芸社)より
今回は創作料理編に出てくる「焼き鳥チャーハン」を作ってみました。チャーハンに焼き鳥がブッスリ刺さってて、なかなかインパクトあります。小学校で習った工場の地図記号を思い出した。

乗っ取りの危機に直面する創作料理店「虎徹」の人気メニューのひとつで、再建料理人の北方は、最初「何の工夫もない料理」とダメ出しします。その後、北方のスパルタ修行で料理人としての心意気を取り戻したオーナーは、この焼き鳥チャーハンを含めたオリジナルメニューを改良して提供し、店を再び繁盛させる、というエピソード。改良版では、焼き鳥のタレと唐辛子をチャーハンの味付けに使う、というのがポイントのようです。

ちなみに、この創作料理編のもうひとつの見どころは、函館五稜郭亭が抱える「見廻り組」の活躍。
厨房改めである!!」のセリフとともに傘下の飲食店に乗り込んで抜き打ちチェックし、評価が悪ければ即営業停止&オーナー解任を宣告。マルサも真っ青の強制捜査っぷりです。保健所の立入検査もこれくらいの勢いでやってみるとかどうでしょうか。

食キング 焼き鳥チャーハン
作り方:
作り方は特に書かれてないので、以下は想像で再現。
チャーハンの味付けに使う、焼き鳥のタレを作ります(面倒なら市販のタレでもOK)。醤油、みりん、酒、砂糖を鍋に入れて火にかけ、トロっとするまで煮詰めたら完成。

食キング 焼き鳥チャーハン 食キング 焼き鳥チャーハン
次はチャーハン作り。フライパンに油を入れてニンニクを熱し、香りが出たらショウガとネギ、鷹の爪のみじん切りを投入。上の焼き鳥のタレも入れて、炒めます。溶き卵を入れ、その後ご飯を投入してさらに炒めます。塩コショウで味を調えます。

食キング 焼き鳥チャーハン 食キング 焼き鳥チャーハン
大きめの皿に、茶碗で整形したチャーハンをひっくり返し、お好みの焼き鳥を放射状に並べたら完成。

食キング 焼き鳥チャーハン

食キング 焼き鳥チャーハン
食べた感想:
焼き鳥のタレと唐辛子で甘辛く味付けされたチャーハンは、確かに一工夫されてる感あり(ただ、ちょっとタレを多く入れすぎたかも……。焼き鳥と一緒に食べることを考えると、もう少し薄味でもよかったなー)。

見た目がなかなかインパクトあるので、お友達同士の飲み会とかに出せば引かれ……いえ、サプライズになると思いますw 次はどの焼き鳥にしよっかなー、と迷いながら食べるのも楽しいメニューでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加