美味しんぼ 牛すね肉の赤ワイン煮込み

「美味しんぼ」62巻より
※【コマ引用】:「美味しんぼ」(雁屋哲/花咲アキラ/小学館)62巻より
手間のかかる料理が多い印象の「美味しんぼ」ですが、なかには普段使いできそうなレシピがあるので見逃せません。62巻で、マンションの隣に住む夫婦に山岡夫妻が教えた「牛すね肉の赤ワイン煮込み」もそのひとつ。一人前500円くらいで出来て、見栄えも豪華なメニューです。

作り方も簡単で、安い牛すね肉とざっくり切った野菜を赤ワインで2日漬けて、長時間煮込むだけ。中松&大石&ブラック夫妻の合同結婚式を舞台にした、低予算披露宴料理対決のきっかけになるメニューでもあります。
しかし山岡さんのときも二木さんとの合同結婚式だったし、みんな仲良すぎるw(しかも披露宴は必ず和装なのも不思議)。ちょっと気になって調べてみたら、美味しんぼでゴールインしたカップルのリストをまとめているサイトさんを発見! SUGEEEE、オー○ット顔負けの成約率だ。

美味しんぼ 牛すね肉の赤ワイン煮込み
材料:
牛すね肉、セロリ、にんじん、玉ねぎ、ニンニク、ベイリーフ(ローリエ)、赤ワイン。

肉は一人あたり200?250グラムを用意。赤ワインはオーストラリアやカリフォルニアの800円前後の安価なものでOKらしい。今回はイエローテイルの赤にしました。

美味しんぼ 牛すね肉の赤ワイン煮込み 美味しんぼ 牛すね肉の赤ワイン煮込み
作り方:
玉ねぎは四つ切り、セロリとにんじんは大きめのぶつ切りにします。
鍋にすね肉を塊のまま入れ、切った野菜、粒のままのニンニク、ベイリーフを入れ、赤ワインをどぼどぼ。蓋をして鍋ごと冷蔵庫に入れ、2日間寝かせておきます。

美味しんぼ 牛すね肉の赤ワイン煮込み 美味しんぼ 牛すね肉の赤ワイン煮込み
2日後の鍋がこちら。野菜や肉がワイン色に染まってますね。火にかけて沸騰したら弱火にし、アクをとりつつ3?4時間ほどじっくり煮込みます。

美味しんぼ 牛すね肉の赤ワイン煮込み
数時間経つと、ワインの水分がかなり抜けて、底に隠れてた野菜やすね肉の姿がようやく出てきました。仕上げに塩コショウで味付けして、完成。

美味しんぼ 牛すね肉の赤ワイン煮込み
野菜と肉を皿に盛りつけていただきます。

美味しんぼ 牛すね肉の赤ワイン煮込み
食べた感想:
ワインで煮込むだけで、味付けは塩コショウのみ。あまりにシンプルなので正直ちょっと不安でしたが、食べてみると予想以上にしっかりした味でびっくりしました。例えるならさっぱりしたビーフシチュー、という感じ。数時間煮込んだだけあってすね肉もホロっとやわらかくて、うっとり。ただ赤ワインの酸味が残るので、苦手な人は仕上げに醤油をちょっとたらせば食べやすくなるかも。

時間はかかるけど手間はかからないので、ほんとにコスパのいいおもてなし料理になりそう!

このエントリーをはてなブックマークに追加