タラのワイン蒸しミニトマトソース

高橋しん「花と奥たん」1巻より
※【コマ引用】:「花と奥たん」(高橋しん)1巻より
高橋しん先生の「花と奥たん」1巻から、1話目の献立を作ってみました。
・タラのワイン蒸しミニトマトソース
・ハルシメジのグラタン
・さっぱりポン酢のお茄子
・サツマイモのたっぷり具のおみそしる

の4品。(ほんとはこれに、「ノビルとセリのヌタ」も加わるんですが、ノビルが店頭で見つからず今回は見送りです…。

高橋しん「花と奥たん」1巻より
※【コマ引用】:「花と奥たん」(高橋しん)1巻より
「花と奥たん」は、謎の巨大な花が支配するようになった世界を舞台に、横浜のはずれで旦那さんの帰りを待つ“奥たん”の毎日のご飯作りを描いた作品。終末的な雰囲気となにげない日常シーンのバランスが、独特の面白さです。2巻はいつ出るかなー……。
コミックでは食事シーンが急にカラーページになったり、各話の最後にレシピ写真やロケハン写真が載ってたり、ちょっと実験的な要素も。

1話目のメインディッシュとして登場するのが、「タラとワイン蒸しミニトマトソース」。ひょんなことから闇市でタラ(……と奥たんは勘違いしましたが、実はスズキ)を手に入れ、作ったメニューです。

タラのワイン蒸しミニトマトソース タラのワイン蒸しミニトマトソース
作り方:
タラで作るかスズキで作るか迷った……けど、料理名にあわせて今回はタラで再現。
タラは塩をふって10分ほど置き、水分が出てきたらキッチンペーパーで水気をふきとります。
コショウをふり、小麦粉をうすくはたきます。

タラのワイン蒸しミニトマトソース タラのワイン蒸しミニトマトソース
フライパンにオリーブオイルを熱し、タラを両面焼いたあと、白ワインをひと回ししてフタをし、火を止めてしばらく蒸します。タラを取り出し、サラダ菜を盛った皿に並べます。
同じフライパンに半分に切ったミニトマト、バルサミコを入れて煮詰めてソースを作り、タラにかけて完成。

タラのワイン蒸しミニトマトソース
タラのワイン蒸しミニトマトソース:
最後にワインで蒸すせいか、タラがふんわり仕上がっておいしい。ミニトマトのソースもバルサミコが効いてて、淡泊な魚の味によくあいます。普段タラって和食にしか使ったことなかったけど、洋食にも合うんだなー。個人的には、どっちかというとパン向けの味かも(醤油も追加したら、ご飯向けの味付けになるかな?)。

↓そのほかのメニューのレシピは載ってないんですが、作中の描写から想像で再現してみました。

ハルシメジのグラタン
ハルシメジのグラタン:
奥たんが外で採取してきた「ハルシメジ」を使ったグラタン。ズバリなきのこが見つからなかったので、普通のシメジを使ったんですが、あとで調べたら全然シメジっぽくなかったorz

グラタンの具の詳しい説明はありませんでしたが、今回はシンプルにシメジと玉ねぎのみで。シメジは軽くゆでてから、玉ねぎとさっと炒めました。そのせいか、シャキっとした食感が残っておいしかった。ホワイトソースは、手間ヒマかける奥たんらしく手作り。

さっぱりポン酢のお茄子
さっぱりポン酢のお茄子:
これは作中に完成図だけしか登場しないので、茄子を煮るのか焼くのか揚げるのかよくわからず。とりあえず蒸してみたら、皮の色が茶色に変色してしまったとです……。でも味は意外と好評でした。

サツマイモのたっぷり具のおみそしる
サツマイモのたっぷり具のおみそしる:
↑サツマイモ、煮すぎてちょっと崩れてしまった;
サツマイモをベーコンで軽く炒め、水と玉ねぎを入れてしばらく煮て、味噌を溶き完成。ベーコン入りの味噌汁ってユニークだな?、と思ったんですが、食べてみると意外といける! 家人はサツマイモが苦手なので、じゃがいもVer.も用意したんだけど、そっちも美味しかったです。

しかし、同時進行で5品(今回の再現は4品のみですが)も作るなんて、奥たん神業すぎる……。うちは普段の夕飯は大体2~3品なので、死ぬかと思いましたw

このエントリーをはてなブックマークに追加