RIMG0184.jpg
かぼちゃのパウンドケーキに続き、またまたよしながふみの「フラワー・オブ・ライフ」から。あこがれ続けていた「パブロバ」をクリスマス前に作ってみました。ちょうどクリスマスパーティのエピソードに登場するデザートだしね。

調べるとパブロバって、実在した同名のバレリーナに由来のあるお菓子だったんですね。オーストラリアでメジャーなデザートらしい。

koma2_20081223215427.jpg
漫画のなかでごく簡単に作り方が紹介されていますが、なにせ食べたこともないお菓子で心もとないので、ネットでレシピを調べることに。国内・海外のサイトを参考にしてみましたが、メレンゲの上に生クリームが乗ってるレシピが多いようで、どうしたもんかと(漫画のパブロバは外側がメレンゲで、中が生クリームなんですよね)。「pavlova roll」でイメージ検索すると、わりかし近い感じのものが引っかかったので、あちこちのレシピを参考にしてみました。

※【コマ引用】「フラワー・オブ・ライフ」(よしながふみ/新書館)3巻より

作り方(2人分くらい):
RIMG0164.jpg
1.卵白2個と砂糖小さじ3~4杯を泡立て器で混ぜる。漫画の中だとそれだけなんですが、ネットのほかの方々のレシピを参考に、塩ひとつまみ、レモン汁、片栗粉適量も混ぜ込んでみました。

RIMG0162_20081223215219.jpg
黄身が余っちゃうけど、これはめんつゆに漬けといて、明日の朝に卵かけご飯で楽しむ予定♪?(´ε` )

RIMG0166.jpg
2.あんなに少量だった卵白が、泡立てるとこんなにフサフサに増量!! しっかりツノが立つくらいに泡立てます。

RIMG0169.jpg
3.クッキングシートの上に2.の生地を乗せ、後でロール状にしやすいように、なんとなく長方形っぽく伸ばします(厚さ1?2cmくらい?てきとう……)。オーブンを余熱140度に温め、15分ほど焼きます(このへんの温度は各レシピばらばらなので、様子を見つつでいいかも)。

RIMG0172.jpg
4.オーブンで焼いている間に、生クリームを泡立てます。甘さはお好みで。今回は砂糖少なめで、バニラエッセンスとブランデーで香り付けしました。

RIMG0176.jpg
5.メレンゲ生地が焼き上がりました。熱が冷めたらクッキングシートからはがすんですが、へばりついてなかなかうまく取れない……。事前にシートにオイルとか塗ったほうがよかったかな。

RIMG0180.jpg
6.何とかはがれました(破れたけど)。4.の生クリームをたっぷり入れ、巻いて完成。漫画のようなベリーソースがなかったので、生いちごを中に入れてみました。

食べた感想:
koma_20081223215432.jpg
生地も生クリームもふわっふわです。漫画の台詞にもありますが、お腹いっぱいでもパクパク食べられる、雲のような軽い食感(逆に「甘くてずっしりしたのが食べてえ!!」という時だと、拍子抜けするかも)。あまりなじみがないデザートなので、いずれ日本でも火がついてメジャーになったりして。あと、粉ふるったりする必要がないので、台所の後片付けも楽でした。

※【コマ引用】「フラワー・オブ・ライフ」(よしながふみ/新書館)3巻より

RIMG0188.jpg
取り分けた状態(形がさらに無惨に!!)。冷蔵庫漁ったらいちごソースが出てきたので、かけてみました。ほんとに口当たりが軽いので、今回の量だとぺろっと一人で食べれる勢いでした。

RIMG0208.jpg
余った生地で、上に生クリームを乗せるバージョンも作ってみました。ロール状より、こっちの方が楽かも?

このエントリーをはてなブックマークに追加