ネギのコンビーフ詰め焼き

東海林先生ネタ、またまた「おでんの丸かじり」からです。
いつも料理の脇役に徹しているネギをテーマにした「ネギでお腹いっぱい」の回で、イラスト中で紹介されるのがこのレシピ。東海林先生の考案したオリジナルのつまみで、ビールに合うそうな。

ネギのコンビーフ詰め焼き ネギのコンビーフ詰め焼き

ネギのコンビーフ詰め焼き
作り方:
長ネギを3.5cmずつ切って、ネギ芯の部分を抜きます。親指を押し込みながら抜くと、やりやすいかも。
ネギの空洞のなかに、コンビーフをしっかり詰めます。トースターで焼き目がつくまで焼いたら完成。

ネギのコンビーフ詰め焼き
食べた感想:
コンビーフの油でネギがしんなり焼き上がって、熱々を食べると確かにうまい! お酒ももちろんですが、わりと肉々しいのでご飯のおかずにもなりそう。しかしコンビーフって、キャベツに玉ねぎにじゃがいもも合うし、野菜を選ばないですね。

そういえば、こいずみまり先生の「ねこまんが」で知ったんですが、コンビーフの定番メーカー「ノザキ」のラインアップには、ランク上の「上級コンビーフ」ってのもあるらしい。800円くらいするらしいので、ちょっとためらいますが、普通のコンビーフとどんだけ違うんだろうか……。

このエントリーをはてなブックマークに追加