西村しのぶ アルコール シャケ雑炊

ふたたび西村しのぶ先生「アルコール」1巻から、ミサオの作るシャケ雑炊。大学のレポートを片付けるため、親友のユキちゃん(コンサバ美女)とお泊まりした日の夜食として登場するメニューです。

西村しのぶ「アルコール」1巻より
※【コマ・セリフ引用】「アルコール」(西村しのぶ/集英社)1巻より
一見普通の雑炊ですが、作り方にしのぶ先生らしいひねりがあって、思わずそそられます。ユキちゃんの絶賛コメントが、どんな料理か解説してくれてるので、そのままご紹介。

「焼き鮭をほぐして刻み海苔と三ツ葉とともにごはんにのせ
あつあつのカツオだしをかけていただくの
アラレのかわりはカリカリに焼いた鮭の皮のところ……」
(ハアハア)


いやー、この説明だけでヨダレが……。
シャケの皮だけ、別にこんがり焼いて刻んであとからトッピングする、というのがポイントみたいです。あと、玄米ラバーのミサオちゃんらしく、お米は玄米で再現してみることにします。

西村しのぶ アルコール シャケ雑炊
作り方:
湯をわかしてカツオで出汁をとり、漉しておきます。出汁はこのままでもいいけど、お好みで塩やみりん、醤油少々で薄く味付けしてもいいかも。

西村しのぶ アルコール シャケ雑炊 西村しのぶ アルコール シャケ雑炊
塩鮭(あまり脂っこくないもの&辛さはお好みで)をグリルで焼き、身が焼けたら皮をはがします。その後、皮のみ別途こんがりと焼きます。

西村しのぶ アルコール シャケ雑炊
土鍋に、炊いた玄米(お好みで軽く水洗いしてから入れても)、カツオ出汁、塩鮭のほぐし身を入れ、火にかけます。
米がお好みの固さになったら、塩で味付け(分量は塩鮭の辛さにあわせてお好みで)。火を止めて、三ツ葉、海苔、そして刻んだ鮭の皮をのせて完成です。

西村しのぶ アルコール シャケ雑炊

西村しのぶ アルコール シャケ雑炊
食べた感想:
ユキちゃんがハアハア状態になるのも納得するくらい、激ウマです。こんがり焼いた鮭の皮が香ばしいトッピングになって、サラサラっとお茶漬け感覚で食べられる雑炊。簡単に作れるし、飲んだあとのシメにはこれ以上ないくらいぴったりだと思います。思わず二日連続で作ってしまった……。
しかし下戸なのに、酒飲みの気持ちがわかる料理を作れるミサオちゃんはスゴイ。いやもちろん、シラフで食べても美味しいんですけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加