東海林さだお 再現 魚すき
東海林さだお先生の「おでんの丸かじり」で紹介されていた、魚すき。名前のとおり、魚介版のスキヤキです。関西が本場ということで調べてみると、大阪の丸萬本家というお店の名物らしい(大阪出身だけど知りませんでした...)。
今ではすたれてしまった料理ということですが、東海林先生はその味を絶賛してたので、気になって作中のレシピを参考に作ってみました。

東海林さだお 再現 魚すき
材料:
・スーパーで売ってる寄せ鍋セット(私が買ったのはエビ、タラ、サケ、ホタテ、野菜入り)
・追加の魚介類(今回は家にあった残り物の刺身とカニ)
・豆腐 ・麩 ・スキヤキのたれ

東海林さだお 再現 魚すき 東海林さだお 再現 魚すき
作り方:
スキヤキのたれを丼に入れて水で少し薄め、魚介類を1時間ほど漬け込みます。
漬け込んだ魚介類を引き上げ、漬けだれを鍋にあけて沸騰させます。あとは通常のスキヤキと同様に、お好きな魚貝や野菜を入れて煮つつ、具を生卵にひたして食べます。

東海林さだお 再現 魚すき
食べた感想:
魚の煮付けを、ちょっとずつ色んな種類楽しめる、という感じの鍋。生卵をからめると、甘辛い味付けもさっぱり食べられます。

今回試した具のベスト5は以下のとおり。
1位:ホタテ
2位:カニ
3位;タラ
4位:エビ
5位:シャケ

通常の煮付けと同じく、淡泊な魚のほうが相性がいいのかな。あとカニやホタテ、エビの甲殻類、貝類は出汁の面でいい仕事してくれる気が。丸萬本家のサイトの解説を見ると、お店ではタイやハモ、サワラなんかを使ってるみたいですね。

東海林さだお 再現 魚すき
そしてシメにうどん。魚介のダシがたっぷり出た煮汁に麺をからませて食べると……まさに「わしらはもーケンタッキーの我が家には帰りたくねーでごぜーます」状態です。むしろこのうどんがメインと言ってもいいかもしれない。

でも最後に身もフタもない告白を……肉派の私は、やっぱり普通のスキヤキの方が好きですw(魚派の人向けのスキヤキなんでしょうね。東海林先生も魚大好きらしいし)。

このエントリーをはてなブックマークに追加