リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
今週はいよいよクリスマスですね。毎年ケーキを予約し忘れて、当日はケーキ難民になる我が家です(今年も狙ってたケーキがあったのにやっぱり予約し忘れた……)。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
※【コマ引用】「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)2巻より
フライング気味に作ってみたのが、「リトル・フォレスト」に登場するクリスマスケーキ。
主人公・いち子の母が作るそれは、外見は生クリームでおおわれた真っ白な直方体。カットすると、赤と緑の2色のクリスマスカラーに分かれたスポンジがあらわれる、ちょっと凝ったケーキです。

この赤と緑のスポンジの正体は、赤米の甘酒とほうれん草。後にいち子は、紫(黒米の甘酒)と黄(かぼちゃ)の組み合わせでアレンジします。どっちを作ろうか迷ったんですが、どうせだからってことで、両方再現してみることに(上の写真の仕上がりの雑さを見てわかるとおり、2種まとめて作るのは無謀でした……)。

ところで作中では、
「こんな風に、縦に2色に分かれるように生地を入れるなんて無理」
「それは自分で考えて頂戴」

というやり取りのシーンがありますが、正解は……?(ってすごく単純なんですけどね)

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
※【コマ引用】「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)2巻より
甘酒作り:
スポンジケーキに混ぜる、赤米と黒米の甘酒をそれぞれ作ります。どちらも探せば市販品もあるようですが、マンガにあわせて、せっかくなので一から挑戦。ちなみに甘酒作りは初めてなんですが、温度管理がキモらしい。なので調理用の温度計は用意したほうがいいかもしれません。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
材料は、赤米、黒米、それから麹。近所の店では普通の白米麹が置いてなくて、玄米麹で再現することに。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
1.麹は袋から出してほぐし、水を入れて30分以上放置します。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現 リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
2.赤米、黒米をそれぞれ1時間ほど水に浸し、お粥状に炊きます。赤米は炊飯器、黒米は鍋で調理しました。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
3.粥が60度程度になるまで冷ましたら、麹を入れて(炊いた米の2倍程度)よく混ぜます。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現 リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
4.ここからの温度管理は色んな方法があるようだったので、別々の方法を試してみることに。
黒米の方は、鍋ごと新聞紙や毛布にくるみ、コタツの中で一晩放置。赤米の方は炊飯器で保温し、60度を超えないようにチェックしながら3?4時間ほど置いてみます。

結果ですが、今回は炊飯器とコタツを併用する(炊飯器である程度発酵が進んだら、コタツで放置)のが一番うまくいきました。コタツだけだと温度が低すぎてうまく発酵せず、炊飯器だけだと温度が上がり過ぎちゃうんですよね;;
もちろん使う道具や環境によるので、どちらかの方法だけでも上手くいく場合も(少量なら、魔法瓶を使うのもいいらしい)。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
あと今回は玄米の麹を使ったせいか、左の写真のように、発酵後もツブツブがかなり残りました。普通の麹ならもっとドロっとした感じに仕上がると思います。

ちょっと飲んで見ると、砂糖は一切入れてないのに、ほどよく甘くてびっくりした!

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
※【コマ引用】「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)2巻より
ケーキ作り:
甘酒が出来たら、いよいよケーキ本番。「赤米×ほうれん草」「黒米×かぼちゃ」で、計4種類の生地を作るので気合いを入れます。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現 リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
1.まずは野菜のペースト作りから。かぼちゃは茹でて潰し、ほうれん草は同じく茹でて水分をよく絞り、ハンドミキサーでペーストに。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現 リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
2.【野菜生地の場合】:
サラダ油と砂糖をすりあわせ、卵を加えてよく混ぜます。その後、小麦粉とベーキングパウダーをあわせてふるい、ざっくり混ぜ、野菜のペーストを加えて混ぜます。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現 リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
【甘酒生地の場合】:
上の野菜生地から、卵を抜いて同様の作り方で。黒米(写真右)は、混ぜるとちゃんと紫っぽい色の生地になりますねー。赤米(写真左)はどちらかというと茶色っぽい、お赤飯風の色になります。
後で気付いたんですが、甘酒はミキサーなどでなめらかにしてから生地に混ぜたほうが、焼き上がりがうまくいく気がします(ツブが残った状態だと、スポンジがボロボロになってしまいました;)。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現 リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
3.パウンドケーキ型に、野菜生地と甘酒生地を半量ずつ流し込みます。↑これは赤米生地の上からほうれん草生地を流し込んだ図。その後180度に予熱したオーブンで、50分ほど焼きます。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現 リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
4.焼き上がりました! 赤米×ほうれん草(写真左)はボンバーな仕上がりですね……(ベーキングパウダー入れすぎたかな)。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
焼き上がったらすぐにラップで包み、膨らんだ面を下にして冷まし、全体を平らにします。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
5.今回は焼き上がりがボンバー過ぎてきれいに平らにならなかったので、仕方なく全体をカットして直方体っぽく整えます。(カットした切れ端は、カステラの端っこ的な美味しさでまたうまい)
焼き上がりですがご覧のとおり、パッキリ2色に分かれたというより、それぞれ片方の生地の配分が大きいことにお気づきでしょうか……。実は型に流し込む時に、「上の生地が足りない気がする……」と血迷って、多目に投入しちゃったんですよね(汗)。お菓子初心者は余計なことをすべからず!!……の鉄則を忘れると、このザマよ!

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
6.微妙に失敗した気分を切り替えて、デコレーションに入ります。冒頭の「縦に2色」の謎ですが、何のことはありません。焼き上がりの状態を90度回転するだけですw

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
直方体のスポンジに、生クリームを塗っていきます。
生クリームに入れる砂糖は、スポンジを味見してからお好みで甘さを調整するのがいいかも。今回はブランデーとバニラエッセンスも少量入れました。

元のスポンジがちょっとイビツな形なので、マンガのような美しい直方体にはなりませんでした……が、トッピングも何もない真っ白でシンプルなケーキは、「清しこの夜」なイブにぴったりかな、なんて思いました。

リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現 リトルフォレスト クリスマスケーキ 再現
食べた感想:
一番気に入った生地は、ほうれん草の部分。青臭くなく、ほのかな苦みが抹茶のようで、これ単体でも作ってみたいと思ったほど。甘酒のケーキは、洋菓子というより和菓子のような印象。ツブが残った部分はモチモチした食感、よく焼けた部分は何故かおせんべいっぽい香ばしさで、なかなか美味しかったです。

しかし甘酒作りは慣れないうちは手間がかかる!……ので、赤色はイチゴやトマト、紫色は紫芋なんかで代用できればいいな?、なんて思いました。来年こそ、パーフェクトな直方体&セパレートになるように菓子作りの腕を磨きたいもんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加