“漢の食”を描かせたら右に出る者はいない、土山しげるの刑務所グルメマンガ「極道めし」。年に一度のおせち料理を賭けて、むくつけき囚人たちが「うまいもの語り」の腕を競う……というストーリー。現在3巻まで出てますが、こんな制限だらけの設定で、よくぞここまで面白

つづき