花輪和一氏が実体験した“ムショ暮らし”を、緻密な絵とシニカルな視点で描いた「刑務所の中」。囚人が獄中でおせちを賭けて旨いもの語りする「極道めし」のルーツは、この作品にあるかな?と勝手に想像してるんですが、どうなんでしょうか。 麦飯にしょうゆ、春雨スープ

つづき