「恋は雨上がりのように」の眉月じゅん先生の最新作「九龍ジェネリックロマンス」。舞台は「ジェネリック地球(テラ)」と呼ばれる新天地の開発が進む架空世界。香港・九龍の小さな不動産店で働く鯨井令子は、同僚の工藤にひそかに思いを寄せている。しかし工藤には別の女性

つづき